昔を語る銘板 (続2)

By , 2017年11月13日 7:51 PM

御畳奉行 朝日文左衛門重章(しげあき)屋敷跡 主税町四丁目
東区を1か月程歩かず、しばらく発信をお休みしてしまいました。今回も銘板を探して東区を歩きました。
朝日文左衛門を多くの方はあまりご存知ないかもしれません。主税町四丁目78「しゃぶしゃぶ太閤」と現在はオオカンサクラの並木道となっている道路上に御畳奉行であった朝日文左衛門の屋敷跡がありました。文左衛門の役職はお城の畳の傷み具合を調べるだけの閑職で元禄4年(1691)から没する享保2年(1717)までの26年間にわたり書き綴った日記「鸚鵡籠中記(おうむろうちゅうき)」全37巻を著わしたことで知られています。武士の生活や、町人の日常やうわさ話、又日本各地の情報、事件など元禄の人々の生活ぶりを丹念に記し、元禄の世相史としては貴重な資料となっています。この表札は平成25年「東区まちそだての会」「太閤本店」により設置されたと記されています。

今は道路
DSC03341朝日文左衛門、太閤
  文左衛門の屋敷は現在の道路上  「太閤」の敷地に銘板が設置。右の道路は主税町
DSC03342朝日文左衛門マップ  DSC03343朝日文左衛門説明文
 クリックすると地図が大きくなります  銘板の左に書かれている説明文、クリックして下さい

★参考資料 元禄御畳奉行の日記、ウキペディア

 

 

Panorama Theme by Themocracy