昔を語る銘板 (続2)

By , 2017年11月13日 7:51 PM

御畳奉行 朝日文左衛門重章(しげあき)屋敷跡 主税町四丁目
東区を1か月程歩かず、しばらく発信をお休みしてしまいました。今回も銘板を探して東区を歩きました。
朝日文左衛門を多くの方はあまりご存知ないかもしれません。主税町四丁目78「しゃぶしゃぶ太閤」と現在はオオカンサクラの並木道となっている道路上に御畳奉行であった朝日文左衛門の屋敷跡がありました。文左衛門の役職はお城の畳の傷み具合を調べるだけの閑職で元禄4年(1691)から没する享保2年(1717)までの26年間にわたり書き綴った日記「鸚鵡籠中記(おうむろうちゅうき)」全37巻を著わしたことで知られています。武士の生活や、町人の日常やうわさ話、又日本各地の情報、事件など元禄の人々の生活ぶりを丹念に記し、元禄の世相史としては貴重な資料となっています。この表札は平成25年「東区まちそだての会」「太閤本店」により設置されたと記されています。

今は道路
DSC03341朝日文左衛門、太閤
  文左衛門の屋敷は現在の道路上  「太閤」の敷地に銘板が設置。右の道路は主税町
DSC03342朝日文左衛門マップ  DSC03343朝日文左衛門説明文
 クリックすると地図が大きくなります  銘板の左に書かれている説明文、クリックして下さい

★参考資料 元禄御畳奉行の日記、ウキペディア

 

 

4 Responses to “昔を語る銘板 (続2)”

  1. smash より:

    walkerさま

    久々のアップですね。
    ありがとうございます。
    この難しい名の日記は以前に聞いたような。
    加賀前田藩の武士がやりくりを書き残した、映画化されたと思います、ものと比べ、今で言えばゴシップ集みたいのがあると紹介されていたような。
    名古屋コーチンは、海部兄弟の手になる、とされています。
    ここに住まったのは、そのどちら?あるいは彼らの親?ちょとそそられます。

  2. walker より:

    忙しさでしばらく東区を歩きませんでした。お許し下さい。

    名古屋コーチンは海部荘平、正秀兄弟により生み出されたものです。
    朝日文左衛門が没し断絶の後にはその屋敷跡に兄弟の姉すまと久蔵夫婦が住んだといいます。元総理大臣、海部俊樹氏は曽孫にあたります。
    今、思いましたが姉なら姓が変わり海部?
    もう、分かりません。

  3. yamabuki より:

    今回のテーマとは外れますが、今夜NHK”ブラタモリ”をみて名古屋の物づくりをあらためて勉強しましたが。このホームページにも出てきた陶磁器の輸出について、その輸出の総元締めの著名人の事を思い浮かべました。撞木町の陶磁器関係者の旧宅と堀川と瀬戸線の関係も分かりました。そう言えばその昔、撞木町にも陶器の絵付けをしていた工場が沢山ありました。このホームページの奥深さにあらためて再認識をいたしました。歴史探索を兼ねたこのホームページが末永く継続されますように願っております。

  4. walker より:

    yamabuki様、コメントを有難うございました。
    最近、東区を歩くのがゆっくりとなり投稿が遅れています。お許し下さい。
    東区の山吹学区と旭丘学区には数十年前には絵付け工場が数多くありました。
    この一帯で製品化された陶磁器を瀬戸電気鉄道で堀川迄運んだわけです。
    ブラタモリで紹介され全国的になりました。
    これからも「東区を歩こう!」をよろしく。

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy