小公園に残る旧町名を探して(No.3)

By , 2017年12月16日 9:20 AM

平田公園(へいでんこうえん)代官町2
No,2で紹介した舎人公園をさらに東へ国道19号線を渡り少し北へ行くとマックスバリューがあり、その北東辺りに「平田公園(へいでんこうえん)」があります。人通りもあまりなく近所の方しか目にしないような小さな公園です。初めての方はおそらく「ひらたこうえん」などと読まれるのではないでしょうか。名前の由来は徳川家康の家臣で、最も近くに仕えた「平岩親吉(ちかよし)」の法名「平田院(へいでんいん)殿越翁休岳大居士」によるものです。親吉の菩提寺は江戸期以前は三河にありましたが、親吉の国替えと共にその所領に移転、その後名古屋城築城にともない現在地に移り親吉没後は浄土宗「平田院」と名を変えました。
平田町という町名は明治4年町名施行により「平田院町」と呼ばれ、この一帯に「平田院」と称する寺があったことに由来しています。この町名も昭和56年には消滅し、代官町と名を変え今では「平田公園」と国道19号線と外堀通り線の交差点に名を残すのみとなりました。又「平田院」は平成2年天白区へ移転、現在は寺もありません。それでも平田町交差点東に「名古屋銀行平田町支店」と西には銭湯「平田温泉」とあるのはかつての名残のようです。

平田公園[/googlemap

DSC03364平田公園 DSC03359平田公園
  くまちゃんがプレートを持ち上げています   昔の町名が残された「平田公園」

★参考資料 ひがし見聞録・平田院沿革

Panorama Theme by Themocracy