小公園に残る旧町名を探して (No.9)

By , 2018年2月25日 1:45 PM

西二葉公園  白壁2丁目
今回は松山公園から随分離れて国道41号線(空港線)と桜通りの交差点高岳を北へ東片端交差点、清水口交差点まで約1kmと随分歩き、県立明和高校の近くかつての西二葉町まできました。西二葉町は明治期の成立で江戸期には尾張藩御付家老成瀬隼人の中屋敷があったところで屋敷跡の庭に古い老松があったことから明治の初めに「西二葉町」と名がつけられました。現在の国道41号線のすぐ西の南北の道は、かつての木曽街道で小牧に通じる重要な道で、成瀬隼人の居城犬山にも通じる重要な道でした。この街道をはさんで西二葉町、その東を東二葉町、清水町が入り組んで分けられていました。昭和39年から始まった住居表示に関する法律により西二葉町、東二葉町はなくなり白壁2丁目となりました。この公園に「西二葉公園」としてのみ名が残りました。
★参考資料 ひがし見聞録、東区の歴史

西二葉公園
IMG_1251地図
  西二葉公園  案内地図、写真の上でクリックして下さい
IMG_1165補正 IMG_1168西二葉公園
 西二葉公園  日当たりのよい場所にある

小公園に残る旧町名を探して (No.8)

By , 2018年2月12日 2:57 PM

松山公園 東桜二丁目
No.7の安房公園から今度は西へ、桜通り小川町交差点を渡り国道41号線との中間まで歩いてきました。
慶長年間の名古屋開府による清須越が行われた江戸期にはこの一帯に沢山の寺を宗派ごとに集めました。これは南を走る駿河街道(現国道153号線)の防御地帯とする戦略的構想から生まれています。この一帯は曹洞宗の寺院が多くあり、江戸期には「禅寺町(ぜんてらまち)」と称されていました。明治期になると「松山町」と称されその地名の由来は定かではなく、松は縁起の良い木とされるので町名としたと云われています。昭和39年以降実施された「住居表示に関する法律」に基づき町の整備が行われ新たに東桜二丁目となり、現在に至っています。広大な寺の境内の一部に道が通され宅地も出来、三角形の空き地が「松山公園」となりました。公園の西には浄土宗の「へちま薬師」、東には曹洞宗の「安斎院」が昔を偲ばせてくれます。

松山公園
IMG_1159松山公園 IMG_1160石碑
 この公園の左(西)にへちま薬師があります   松山公園と刻まれていますが公園の周囲にはネット

★参考資料 ひがし見聞録、東区の歴史

 

Panorama Theme by Themocracy