東区桜便り

By , 2018年3月21日 3:15 PM

トウカイサクラ 名古屋市市政資料館
「東海桜」は中国原産の支那実桜(シナミサクラ)と小彼岸桜(コヒガンサクラ)との種間交雑種と云われていますが、なぜトウカイサクラと名が付いたのか分かりません。東海地方で多く見られる?どなたか教えて下さい。先に紹介したオオカンサクラより花も小さく、花の色も淡いようです。小さな枝に沢山の花をつけるのが特徴でオオカンサクラより開花も少し遅いです。19,20,21日と3日連続で雨が降り続き先に紹介したオオカンサクラにはもう葉が見られる枝もありますが、トウカイサクラは満開近しです。今日の写真は雨で花が下向き青空もないので、ネットからお借りしたトウカイサクラを掲載します。トウカイサクラは東区では徳川園黒門をくぐると左右の街路樹となって見事です。コヒガンサクラは長野県高遠城が有名ですね。

IMG_1663縮小 トウカイサクラtokai
  雨を含んで花は下向きになっています  ネットからお借りしたトウカイサクラ

2 Responses to “東区桜便り”

  1. smash より:

    walkerさま

    書き換えてみました、

    「東海桜」は中国原産の支那実桜(シナミサクラ)と小彼岸桜(コヒガンサクラ)との種間交雑種

    名古屋ですから、
    「名古屋コーチン」は朝鮮半島産のバフコーチンと名古屋(尾張)在来種の交雑から海部兄弟によって育成さた、赤身の卵肉兼用鶏です。
    先日その記念日が制定されました。
    詳細は、名古屋市農業センターで。

  2. walker より:

    smash様
    東海桜の名の由来はどこからでしょうね。
    自然では東海地方しか見られない桜と勝手に認識しています。

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy