東区桜情報

By , 2018年4月7日 3:12 PM

フゲンゾウサクラ(普賢象桜) 栄公園 東桜一丁目
今年の桜の開花は何と早かったのでしょう。3月の暖かさで急に開花してしまったようで例年より2週間近く早いのでは?「東区を歩こう!」桜情報は速足で歩くことになりました。最後に開花する八重桜、里桜の中に普賢象桜、鬱金桜(うこんさくら)御衣黄桜(ぎょいこうさくら)がありますが、色を楽しむウコンサクラ、ギョイコウサクラはすっかり見頃を逃してしまいました。その中でもNHK放送センター東にある栄公園、ここは戦前愛知県第一高等女学校(現在の愛知県立明和高校)の跡地ですが、それを記念して里桜が植栽されています。
その中でフゲンゾウサクラはまだまだ見頃でしたのでご紹介します。この桜はサトザクラの園芸種でその名前の由来が変わっています。花はかなり大きく、室町時代からあったといわれる古い品種です。葉化した2本のめしべが普賢菩薩が乗る象の鼻に似ていることから付けられたそうです。めしべまで観察していたのですね。

IMG_1747フゲンゾウサクラ IMG_1746フゲンゾウサクサ説明
 IMG_1748フゲンゾウ めしべ  IMG_1744ウコンサクラ縮小
  フゲンゾウ桜の雌しべを観察、2本の象の鼻?   おまけの写真。これはウコンサクラ、

★参考資料 ウィキペディア

Panorama Theme by Themocracy