小公園に残る旧町名を探して(No.11)

By , 2018年4月16日 1:59 PM

東白壁公園 白壁5丁目
早かった今年の桜の開花にあわせて東区桜情報をお届けするため「小公園に残る旧町名」シリーズを残してしまいました。後は白壁町、主税町、橦木町の東に位置する公園のみとなりました。最初に「東白壁公園」ですが東白壁町は明治期の成立で同11年には白壁町の東にあることから東白壁町となりました。公園の西は金城学院高校、東は東白壁小学校があり、文教地区にある閑静な公園です。昭和55年の住居表示に関する法律により西から順に白壁1丁目から5丁目が誕生し東白壁町は消滅、公園にその名が残されました。

IMG_1763東白壁公園
白壁公園

★参考資料 ひがし見聞録

2 Responses to “小公園に残る旧町名を探して(No.11)”

  1. smash より:

    walkerさま

    また公園探訪に戻られたんですね。
    年が改まってからの積算気温が高すぎて、開花時期を相当早めたようです。
    桜だけの話かと思いきや藤まで咲き始めてビックリ。
    杜若や菖蒲も追従するんでしょうか。
    金城学院の南で東白壁なんですか。
    長塀の南が白壁って、当たり前とも思えますが、うまくつけたものとも思います。

  2. walker より:

    桜を追いかけて歩いていたら、小公園に残る旧町名があと少し残りました。
    旧白壁町は現在白壁1丁目、2丁目と表記され、かつて東白壁町と呼んでいた町名はありません。
    白壁町という名は今やブランドですからマンションのあちこちにその名が使われています。

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy