戦争の痕跡を見る (No.3)

By , 2018年5月30日 9:55 PM

赤塚神明社の楠正成像 徳川2丁目1
基幹バス通り赤塚交差点に「赤塚神明社」があります。その歴史は遥か遠く1616年古くからあった神明社を近郊一帯の総氏神として尊崇するようになったといいます。1851年には大曾根村の「山神社(やまじんじゃ)」が名古屋城鬼門鎮護の神として14代徳川義勝公の命によりここに移築されました。1867年(慶応3年)には尾張勤王の志士達により「湊川神社」が神明社に創建されました。昭和15年には皇紀2600年(神武天皇即位記念)を記念、湊川神社の祭神として楠木正成公の銅像が建立されました。楠木正成は兵庫県湊川の地で足利尊氏との「湊川の戦い」で知るところです。このように神明社の境内には他を合わせて七末社が祀れています。
No.2で紹介した圓明寺は戦時中の金属回収令により鐘を供出しましたが、幸いにも神明社の「楠木正成公」の銅像は供出を免れた数少ない一つかもしれません。今回も戦争の痕跡ではありませんが、「楠木正成公」の銅像を取り上げ戦争の悲惨さを思い起こしてみたいと思います。なおこの銅像は昨年化粧直しが行われたと氏子の方に伺いました。神明社は昭和25年の都市計画により、境内地が三分の二も削られその地は一部国道19号線となっています。
★参考資料 神明社由緒書 東区の歴史

DSC04531神明社鳥居縮小 IMG_1825神明社末者
神明社鳥居、7月30日には茅輪(ちのわ)、赤丸神事  境内七末社、一番左が「湊川神社」
IMG_1829楠木正成 IMG_1830紀元2600年記念
 「楠木正成公」銅像  銅像の背面に書かれた「紀元2600年記念」

2 Responses to “戦争の痕跡を見る (No.3)”

  1. smash より:

    walkerさま

    赤塚が皇居前と同じ扱いとは。
    さすがに東区。
    一度見に行きたいと思いますが、この像の兜の前立てはも三本でしょうか、

  2. walker より:

    そうですね、皇居前には見上げるような立派な楠木正成の銅像がありますね。
    赤塚神明社の銅像はこれに比べたら置物ぐらいかな?

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy