戦争の痕跡を見る (No.4)

By , 2018年6月12日 10:41 AM

片山八幡神社の鳥居 徳川二丁目
片山八幡神社の創建は西暦527年に現在の地に鎮座したと云います。旧社名は「大曾根八幡社」と呼ばれその後戦国時代には荒廃し、元禄8年(1695)尾張二代藩主徳川光友により再興しました。この地は名古屋城の鬼門に当たり、鬼門除けの社として信仰されています。
昭和20年の戦災により境内の老樹、建造物の多くを焼失、昭和34年には本殿を造営、平成8年には大改修工事の後平成10年に完工し現在に至っています。境内鳥居の右には先の戦災での弾痕が見られます。戦争の記憶を思い起こす一つです。

image1片山八幡神社正面 縮小 image1片山八幡神社 弾痕
  鳥居奥は本殿   鳥居右の弾痕、中ほどの丸い穴

★参考資料 片山八幡神社縁起・ひがし見聞録

Panorama Theme by Themocracy