戦争の痕跡を見る (No.5)

By , 2018年6月21日 9:16 AM

 妙見山了義院 徳川二丁目
了義院は日蓮宗の寺で昔は成就院と称して月見の名所でありました。No.4で紹介した片山神社から2~300m西に在り、この辺りも月見坂と呼ばれ北と東へ下る坂道があり月見の名所であったのでしょう。現在でもなだらかな坂は残り当時を想像することは出来ます。
俳人松尾芭蕉は貞享5年(1688)かねてから三日月を眺める名所と聞いていた大曾根のこの成就院を訪ね、この月見坂から三日月を眺める句を詠みました。「有りとあるたとえにも似ず三日の月」と詠まれたこの句は芭蕉50回忌の寛保3年(1743)に芭蕉門下により句碑が建立されました。しかしながらこの句碑は昭和20年の戦災で破損、その後破損した原碑を繋ぎ合わせて復元しましたが、読み取りにくいことからその横に昭和24年、新碑が建立されました。了義院の句碑については!先に投稿した右のカテゴリーの中の「句碑・石碑を見つけよう!」又はこの赤字をクリックするとリンクできます。繋ぎ合わされたこの碑からも戦争の痕跡を見ることが出来ます。

了義院
1image1了義院 縮小
 片山神社、了義院、又西にある国道19号線にも坂は残る    寺に鳥居? 明治初めまであった神仏習合の名残
image1了義院2縮小 DSC00154縮小
 繋ぎ合わせた石碑。右肩に芭蕉の文字が見える   昭和24年に建立された新碑


★参考資料 ひがし見聞録・東区の歴史・芭蕉入門

2 Responses to “戦争の痕跡を見る (No.5)”

  1. smash より:

    walkerさま

    面白いところを探されましたね。
    山門の中、本堂の前に鳥居ですか。
    理解は、お寺さまが神様も祀っておられた、という事でしょうか。
    どんな配列、位置関係だったんでしょう。

  2. walker より:

    smash様
    お訊ねの件については赤字で書いた「句碑・石碑を見つけよう!」をクリックすると少しだけ説明があります。
    読んで下さいね。
    大阪府にある能勢妙見(のせみょうけん)大菩薩を寺社に迎えて奉安したことが始まりのようです。

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy