東区寺巡り (No.4)

By , 2018年9月27日 7:25 PM

喜秀山 貞祖院 泉三丁目
No,3で紹介した遍照院から少し東へ歩いてみます。この一帯は昭和52年前後の住居表示変更以前は舎人町とよばれていました。今回の貞祖院も徳川家ゆかりの寺で清須城主であった松平忠吉(家康四男)の養母が慶長12年(1607)28歳という若くして亡くなった忠吉の位牌所として清須に建立したのが始まりです。その3年後慶長15年この養母が亡くなり、その戒名から貞祖院玄白寺と称しました。浄土宗の寺で17世紀中ごろまでに清須より当地に移されたと云います。(諸説あるようで門前の標識より)天明2年(1782)の大火により寺坊を焼失、その後は仮本堂が建てられました。明治5年(1873)同じ浄土宗の建中寺より尾張徳川家御霊廟(おたまや)を譲り受けこれを本堂として現在に至っていると云います。幸いにも昭和20年の空襲にもかろうじて難を逃れました。本堂内部は漆喰や天井は外陣は格天井、内陣は折り上げ天井で極彩色です。名古屋における江戸時代建築の遺稿として歴史的価値のあるものです。
残念ながら本堂の中へ通常入ることは出来ませんが、イベント、寺院公開の折には見ることが出来ます。11月3日の「歩こう!文化のみち」のイベントには公開されます。ぜひ見学して下さい。

貞祖院
DSC05292貞祖院縮小
DSC05291本堂 貞祖院格天井071
 貞祖院本堂   本堂外陣の格天井(ひがし見聞録から)

★参考資料 ひがし見聞録、貞祖院由緒書、門前標識、寺社建造物

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy