東区寺巡り (No,5)

By , 2018年10月4日 8:47 PM

谷汲山観音院室寺(むろでら) 泉三丁目7
貞祖院をさらに東へ歩いてみます。旧鍋屋町に出て東へ50mくらいで「圓明寺」がありますがここは前回のシリーズ「戦争の爪痕を残す風景」で紹介したのでリンクして見て下さいね。ここを通り過ぎると南にひし形の舎人公園がありこの公園の北東に「谷汲山観音院室寺」を見つけることが出来ます。すぐ東には国道19号線が走っています。浄土宗の寺で延宝3年(1675)に創建、徳川義直の側室の母のために堂宇を再興したとのことでここも尾張徳川家とのゆかり有る寺です。本尊は11面観世音菩薩像です。No,4で紹介した貞祖院が焼けた天明2年(1782)の大火でそこから程近いこの寺も焼失しました。門前の両側には「谷汲山」と記された石塔があり、美濃の国(岐阜県)にある谷汲山は西国33カ所巡りの結願33番札所です。境内左手には江戸時代後期(文政年間~天保年間)に造られたという西国33カ所巡りの観音石造が祀られ、お揃いの前掛けを着け後世の人々を見守っているようです。しかしながら境内にあった大きな楠木もいつの間にかバッサリ切られ、最近では寂れた感じさえします。近所では「お地蔵様」の寺として親しまれていましたが古老たちがだんだん亡くなりお参りする人も少なくなったようです。

 
観音院室寺
IMG_2578観音院縮小
  本堂前の赤いロウソク立てが、うまく調和している
IMG_2581谷汲山縮小 IMG_2579観音像縮小
 谷汲山と彫られた石塔が左右にある  お揃いの前掛けがかわいい

★参考資料 名古屋市史

Panorama Theme by Themocracy