東区寺巡り(No.7)

By , 2018年11月15日 4:19 PM

寶林山 圓勝寺 飯田町49
しばらく秋のイベントを追って歩きましたが、本題の「東区寺巡り」に戻って歩きます。
今回は養念寺を北へ外堀通り線を渡り突き当たった位置にある「圓勝寺」です。もとは甲斐府中にあり、天台宗でした。武田氏滅亡後7人の武士が清須に移りそのうちの一人が仏門に入り「善了坊」と名のり清須に寺を建立、「寶林山圓勝寺」と号しました。名古屋開府後尾張藩主の命により慶長16年(1611)現在の飯田町に移り、慶長19年には浄土真宗本願寺派となりました。明治24年(1891)の濃尾地震で本堂、庫裏他が倒壊し明治39年鐘楼、山門、玄関が再建されましたが、再び昭和20年3月の空襲で山門を残して焼失しました。現在の本堂は昭和42年の再建です。

DSC05490円勝寺縮小 IMG_2992山門鬼瓦
  空襲で焼け残った明治39年建立の山門   鬼瓦には細かな細工の獅子が乗せられています

★参考資料 圓勝寺住職様聞き取り 名古屋市史

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy