東区寺巡り (No.8)、

By , 2018年11月25日 8:39 PM

宗興山禅隆寺 飯田町36
前回の圓勝寺を50m程西へ行くと禅隆寺があります。市バス「飯田町」のバス停前です。この寺は元和9年(1623)尾張初代藩主義直より寺地を拝領して創建された臨済宗妙心寺派、京都妙心寺の末寺となっています。本尊の釈迦如来は義直寄進のものです。八代藩主宗勝、九代藩主宗睦(むねちか)の生母の菩提所であり、この寺も尾張徳川家とはゆかりのある寺となっています。戦災で本堂は焼失しましたが、清須から移築した山門と山門を入り左手にある観音堂は創建当時のものです。現在の本堂は昭和44年に再建されました。
山門を入るとモミジが沢山植えられ名古屋市内にあって紅葉の名所と言われる程見事に色づきます。今年は夏の暑さと急な冷え込みが少なく今日25日現在、日の当たる上部は色づいていますが、日陰とか地面に近い所はまだ緑がみられます。見頃は来週あたりかと思いますが、そんな頃是非お出かけください。

IMG_3006縮小 IMG_3007縮小
 創建当時の山門 山門右手に色づいた紅葉  門を入り左手観音堂、紅葉が見られる

★参考資料 東区の歴史 ひがし見聞録

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy