東区寺巡り(No.10)

By , 2018年12月25日 8:44 PM

徳興山建中寺 筒井一丁目
今年最後の「東区を歩こう!」は少し足を延ばして東へ国道19号線を渡り建中寺の紹介です。この寺は慶安4年(1651)尾張二代藩主徳川光友が父である藩祖義直の菩提を弔うため創建したもので尾張藩の菩提寺、浄土宗の寺です。今から実に367年前に創建されました。江戸時代には4万8千坪、周囲に石垣と溝を巡らした厳重な構えで総門、三門、本堂、経蔵、歴代藩主の御霊屋が建立されました。しかし、天明5年の大火(1785)で総門、三門その他一部を残して焼失しましたがその2年後の天明7年には本堂、経蔵などが再建され、現在に至っています。現在の敷地は約千坪、建中寺の三門南側の道路から総門までは戦後の復興で名古屋市に買収され、建中寺公園として市民に親しまれています。名古屋市立あずま中学、東海学園中高等学校も江戸時代は建中寺の敷地でした。
本堂は間口27m、奥行25m、建坪210坪に及び、木造の本堂としては名古屋市最大級で「名古屋市指定文化財」に指定されています。

今年も後わずか、建中寺では大晦日に除夜の鐘がつかれ、一般参拝者が鐘をつくことが事が出来ます。今年も12月1日から100円で配布される参加券はすでに完売となったようです。大晦日23時30分から始まり観覧することが出来ます。今年は是非建中寺の除夜の鐘を聞きながら新年を迎えてはいかがでしょう。この一年ブログを愛読いただき有難うございました。来年も「東区寺めぐり」は続きます。又ご一緒に歩きましょう。

IMG_3067総門 IMG_3070三門
IMG_3075本堂 IMG_3076山門葵
上段は建中寺公園南の総門・ 下段は本堂 上段は本堂前の三門・ 下段は葵の家紋のある山門扉

★参考資料 名古屋市史寺社編 ひがし見聞録

6 Responses to “東区寺巡り(No.10)”

  1. smash より:

    しばらくご無沙汰でした。
    建中寺、懐かしいです。
    学生のための下宿があったこともあったような。

  2. walker より:

    smash様
    この1年「東区を歩こう!」にお寄りいただき有難うございました。
    そうですか、建中寺を良くご存知ですね。
    学生の寄宿舎?昭和の初めに移築された旧名古屋商工会議所かなあ?
    境内にある大庫裏です。
    来年も遊びに来て下さいね。

  3. yamabuki より:

    いよいよ平成30年も押し詰まってきました。
    今年も春夏秋冬、特に厳しい夏の時期にも東区広くを紹介していただき、ありがとうございました。そして、長年続く「東区を歩こう」はその歴史などもとても良く調べられて優しい説明、また画像も素敵なアングルもあり、とても勉強にもなります。時代とともに大きく変化する街並みの中で懐かしく思う風景もあります。
    おかげ様でとても勉強にもなっております。
    新しい年も引き続き「東区を歩こう」を楽しみにしております。
    一年間本当にお疲れ様でした。

  4. walker より:

    yamabuki様
    この1年、「東区を歩こう!」ブログに遊びに来て頂き有難うございました。
    東区の町並み保存地区、白壁町、主税町、橦木町では仰せのように時代と共にどんどん変化していきます。広い土地の居住者が変わるとマンション化です。
    これが歴史なのかもしれません。
    来年も引き続きお寄り下さいね。

  5. smash より:

    本年も押し詰まってきました。
    今日は海津市のお千代保稲荷へ行ってきました。
    四谷通りを東に入ったところに分院がありますね。
    紹介いただいたお寺を見ていて、学生時代、枯山水のお庭をたずねて、旧飯田町電停近くや円頓寺のお寺を訪ねたことを思い出しました。
    アーカイブを見切れていませんが、きっと既にご紹介なんでしょうね。
    アド街ック天国で、名古屋城を取り上げた際のものの再放送を録画しました。
    随所にご紹介の街並みが出ていたような。

    来年はもっと注意深く街を歩き、ご提示との照合を楽しみたいと思います。
    ありがとうございます。

  6. walker より:

    smash様
    東区は歴史的遺産の宝庫です。テレビでもあちこち紹介されています。
    どうかこのブログと共に東区を歩いて下さいね。

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy