東区寺巡り(No.15)

By , 2019年5月1日 12:12 PM

定覚山 善光寺 筒井1丁目
平成から令和となるこの日、しばらく休んでいた「東区を歩こう!」は前回自然寺から少し西へ筒井小学校北にある善光寺まで歩きました。場所はNo,14自然院の地図をクリックすると大きくなり、筒井小学校の北にあります。

DSC05272.jpg縮小 DSC05273.jpg善光寺縮小

この寺は「善光寺如来縁起」によると1400年前の推古天皇の時代、信濃の国(現飯田市坐光寺)の住人であった本田善光(よしみつ)が都に上り、難波の水中に出現した阿弥陀如来を拾い上げこれを背負って帰国の途中尾張黒田の宿に一泊、夜半に如来は善光の夢枕に立ち善光の辛苦を哀れみ善光を背負い一夜にして信濃の国へ飛び立ったと云います。善光は帰国後、仏を刻し黒田の地に一寺を建立、定覚山善光寺(黒田の善光寺)と名付けたと故事にあります。

DSC05282.jpg縮小 DSC0528縮小
 黒田にある 善光寺如来の石碑   一宮市教育委員会による史跡 善光寺跡

この寺は室町時代廃滅、愛知県那古野村(現名古屋市西区幅下あたり)に移転、清須越により東区鍋屋町裏(現泉二丁目)に移されました。その後昭和20年の空襲で全てを無くし、昭和28年に復興のため筒井町の現在地に移りました。この寺は天台宗の寺です。
戦前の鍋屋町裏は国道41号線と旧鍋屋町が交差する辺りで藩政時代の城下図によると現高岳町から清水口に至る南北の道は善光寺筋と呼ばれていました。

その後故郷の信州麻績(おみ)の里(現飯田市座光寺)にも寺を建立し、元善光寺となりました。642年皇極天皇の時御託宜により現在の長野市に遷座、長野の善光寺となりました。善光寺の名は本田善光(よしみつ)の名を取ったもので、飯田の元善光寺、長野の善光寺と両方合わせて参詣するよう「善光寺の片参り」などと呼ばれています。
★参考資料 尾張名所図会(黒田の里) 尾張名陽図会(善光寺如来縁起) 善光寺縁起

Panorama Theme by Themocracy