東区寺巡り(No.19)

By , 2019年7月12日 1:13 PM

松林山関貞寺 徳川2丁目
了義院のすぐ東にある寺で寛永7年(1630)の創建。曹洞宗の寺です。ここは名古屋台地の北端、大曾根坂上(さかがみ)の高台にあり書院からの北方の眺めは「尾張名所図会」では名古屋三景の一つとされてきました。No.18で紹介した西にある了義院も高台にあり「月見の名所」と云われ、今では建物が密集して坂も削られ想像すら出来ない地形になっていますが、美濃、越前(富山)、加賀、近江、三河、信濃、尾張北部の七州の国の山々が一望に見え、関貞寺の書院は七州閣と称せられていました。明治28年(1895)伊藤博文、桂太郎らが関貞寺からの眺望を楽しんだおり、求められ伊藤博文は「松声禅榻」の題字の扁額を、桂太郎は「七州閣」の扁額を楎毫し、現在書院に寺宝として残されています。

IMG_4122.jpg関貞寺縮小 IMG_4128.jpg大曾根の坂
  南から見た本堂   南から北に下る大曾根の坂、今ではなだらかな坂。

★参考資料 関貞寺由緒書 ひがし見聞録

Panorama Theme by Themocracy