徳川園冬景色

By , 2020年1月15日 9:48 AM

明治33年の遺構である徳川園黒門から石階段を降りると龍仙湖が広がりますが、その北側に「龍門の瀧」を見ることが出来ます。この滝は現東京都新宿区戸山にある「尾張徳川家戸山屋敷」にあったものを再現したものです。この戸山屋敷は尾張二代藩主光友が正室千代姫のため造営したもので、龍門の滝は鯉が滝を登き切れば龍になったという中国の故事「登竜門伝説」に基づくものです。戸山屋敷の龍門の滝は渓谷の飛び石の上を渡り切りきると急に龍門の滝から落ちる水が増して今、渡った石が水中に没するという趣向が凝らされていました。これは庭守りが人々が渡り切った頃を見計らい、堰の板を外して水を落とすという趣向が取り入れられていました。
この徳川園では平成16年のニユーアルにより、龍門の滝を再現、今回はポンプ仕掛けで水を上げ20分ごとにたまった水を滝壺に落とし、龍仙湖に注ぐという仕掛けが取り入れられています。滝の景観をつくるモミジは春の新緑、秋の紅葉と見事ですが、滝の落ち口は葉を落としたモミジの枝の間から冬の透き通った水面を見ることができます。

CIMG9934龍門の滝縮小 IMG_5070.jpg滝落ち口
 手前の石は戸山屋敷跡地にあった石で構成  滝の落ち口には澄んだ水が姿を現している


13日は成人の日でした。式典を終えた着物姿の女性があちこちで写真を撮る姿が見られました。徳川園の景色とマッチして素晴らしい写真となりますね。

IMG_5064.jpg西湖提成人式 IMG_5069.jpg成人式親子
 西湖提のアーチ状の橋の上で記念撮影   龍仙湖の周りを散策する親子連れ

 

 

 

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy