徳川園の自然風景

By , 2020年4月1日 4:49 PM

新年度の4月1日を迎えた今日はあちこちで入社式、入庁式が行われました。ところが新型コロナウィルス感染拡大の影響で普段とは違った様子を見ることになりました。入社式の中止、延期、ネット中継、あるいは感染防止対策を施してと様々な工夫が見られたようです。
徳川園は庭園散策となるのでコロナウィルス感染のリスクは少ないと考えられずっと通常通りの開園でした。しかしながら訪れる人たちはまばらのようです。その中でも自然の営みは変わりなく初春の梅、アンズ、マンサク、サンシュユが順次花を咲かせていました。3月末からは桜と新緑、牡丹の花の季節です。その年の気温により開花に多少のずれはありますがほとんどの植物は順序だけは守っているようです。桜でいえばオオカンサクラ、トウカイサクラ、ソメイヨシノ、シダレサクラの順で花を咲かせてくれます。

IMG_5354.jpgtoukaisakura IMG_5350.jpg新緑
 正門を入り美術館までの両側に咲くトウカイサクラ  園内の大曾根の滝に植えられたモミジの新芽

 

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy