町並みの移り変わり(続4)

By , 2020年4月13日 1:39 PM

2月頃から始まった新型コロナウィルスの感染は広がるばかり、とうとう国は感染者の大きさに応じて緊急事態宣言を発令、愛知県は県知事による緊急事態宣言で不要不急の外出は自粛となりました。「東区を歩こう!」も町並みの散策をしばらく止めこのブログもしばらくお休みにします。3月22日に撮影した写真ですが、橦木町界隈もあちこちで解体工事が行われており、又町並みが変わるのでしょう。
「文化のみち二葉館」東隣り 橦木町三丁目24

IMG_5336.jpg縮小この辺りはかつて「壬申の乱」が東区山口町(名古
屋山東出口、山口)においても激戦が行われたこと
が「尾張名陽図会」に描かれている。
橦木町3丁目、二葉館東隣は旧武家屋敷で幕末の当主
河原南山の屋敷の中に「おとも塚」と云われる塚、土
饅頭(どまんじゅう)が現存していました。
この塚は大友皇子軍の戦死した将兵の塚であったと伝え
られています。残念ながらこの塚も取り払われ歴史を
伝えるものが又、なくなってしまいました。

★壬申の乱 大火の改新の後、672年大海人皇子と大友皇子の戦い。主戦場は近江の国であったが戦いは美濃から尾張、名古屋山東出口にまでに及んだと云います。(参考資料 東区の歴史)

橦木町アパート 橦木町3丁目59

IMG_5337縮小ここは二葉館より東、最初の角の南にあります。
かつて銀行の社宅であったと記憶しています。数年前から
空き家で、現在は解体され更地となっています。広大な敷地にはおそらくマンションが建設されるでしょう。山吹学区にあり、ここに新しい住民が移り住んで学区の人口は増加傾向となります。山吹小学校も生徒数が増えつつあります。こうして町並みが移り変わるのでしょう。

 

 

2 Responses to “町並みの移り変わり(続4)”

  1. 田中愼 より:

    手代往還公園。
    コロナ禍のあおりで5㎞圏内を歩く機会が増えました。
    読み返してみると良く歩いていらっしゃいますね。
    知事公舎に知事のお名前が挙がっていて、当たり前ですが、妙に納得しました。
    久屋大通公園が工事ばかりですね。どんな模様替えがされるのでしょう。

  2. walker より:

    お久しぶりです。
    緊急事態宣言により1か月近く「東区を歩こう!」は休止状態でした。
    又、ぼつぼつ歩けたらと思っています。

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy