町並みの移り変わり(続5)

By , 2020年6月16日 11:37 AM

泉二丁目5にある大光寺の山門が建て替え工事中です。大光寺は日蓮宗の寺で元は群馬県伊勢崎にあり、慶長の初め群馬県現前橋市へ移転しました。この寺は平岩親吉(ちかよし)と共にあり、親吉の国替えで清須へ移築、慶長15年の清須越で現在地へ移りました。山門は清須城の裏門を移築したものでした。戦災で本堂、山門、庫裏を焼失。その後本堂が昭和40年、山門が昭和57年に落成されました。山門は日蓮聖人入滅700年記念で再建されたのですが、老朽化により再度の建て替えとなりました、6月初めから7月末の予定で新しい山門が蘇ります。

image1 IMG_5500.jpg縮小
   旧山門    建て替え中の山門

★参考資料 ひがし見聞録、住職様の聞き取り
★参考 平岩親吉
戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。元は群馬県前橋藩。家康側近の一人で尾張藩主義直の付け家老として尾張に移り藩政を執行した。犬山城主でもあった。

4 Responses to “町並みの移り変わり(続5)”

  1. akatokuro より:

    最近すっかり泉界隈とはご無沙汰しています。
    大光寺さん・・・懐かしいです。
    スーパーも無く毎日お買い物した「大光寺市場」が走馬灯のように甦ってきました。
    そして・・・あの恐ろしい「火事」も思いだしました。。。。。

    ZOOM講座ご一緒ですね!
    よろしくお願い致します。

  2. walker より:

    akatokuro様
     コメント有難うございました。
     オンラインでご一緒出来るようで嬉しいです。
     ついて行けるか心配です。
     よろしくお願いします。

  3. yamabuki より:

    大光寺、実に懐かしい名前ですね。お寺は記憶に無いですが、戦後の市場の名前として記憶にあります・・・。
    さて、大光寺は平岩親吉氏の国替えで関東の群馬県前橋市から清洲、そして清洲越で現在地へ。歴史は実に不思議な縁ですね。
    現代も転勤という仕組みで国内を移り変わる人も多いですが、当時の転勤は建物も移築するなどとその街そのものがこぞって移るいう壮大なものでしたね。
    当時の城主の力に圧倒されますが、現代人はそんな歴史の跡に住まいをしており、不思議さを感じますね。そういう江戸時代から明治に変わってからわずか140年余しか経っていないことを思えば、江戸時代の300年は実に永い時代だったですね。開発や合理性という名の下に現代の消えゆく歴史的な地名などは本当にもったいないと思います。そして永く続くこの「東区を歩こう」は貴重なHPです。デジタルの時代ですが、この記録を書物にして残されることも良いのではと思います。ご提案まで。

  4. walker より:

    yamabuki様
    お久しぶりです。
    コメントを有難うございました。
    大光寺市場懐かしいですね。そこは大光寺の敷地、戦前は鍋屋町に沿って山門、参道へと続いていました。戦災で全て焼かれて区画整理により敷地は狭くなりました。
    先日住職様からお聞きして、2400坪から現在は750坪になったそうです。

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy