大光寺豆知識

By , 2020年6月27日 3:14 PM

前回で紹介した大光寺についての豆知識です。
元禄年間(1688~1704)の城下を描いた絵図を見ると大光寺の南には細い川のようなものが描かれています。西は長者町筋から一直線に東へ、大津橋南、東片端南から大光寺南を通り飯田町養念寺あたりでその川は消えています。これは名古屋城の外堀からさらに南に防衛のため造られた溝(みぞ)のようなものです。大光寺住職様にお聞きすると幅2m、深さ2mぐらいのもので下には水がちょろちょろ流れ、戦いのときの兵士の通り道であったといいます。丁度人が通っても隠れる深さであったわけです。
その溝がいつまであったかは定かではなく、昭和20年の戦災後の都市復興計画により、大光寺敷地内の南には道路が出来、溝は埋められたのではないかとお聞きしました。今は東にある大光寺の山門は旧鍋屋町通側にあり、奥に山門、参道を通りこの溝を渡って本堂へと続いていました。この溝に架けられた橋が大光寺西の庭に移設され、この貴重な橋をあまり人々は目にすることもないかと思われます。

IMG_5550.jpg大光寺石橋 IMG_5572.jpg大光寺山門縮小
  大光寺南の溝に架けられていた石橋   今は駐車場になった参道、奥の道から本堂へと続く


★参考資料 元禄年間名古屋城下絵図   大光寺住職様聞き取り

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy