養念寺南の道路 豆知識

By , 2020年7月6日 8:42 PM

前号、大光寺豆知識で紹介した溝(みぞ)は元禄年間、文政年間(1818~1830)の古地図を見ると大光寺南からさらに東の養念寺辺りまで一直線に延びこの養念寺辺りで消えています。
養念寺は浄土宗大谷派東本願寺の末寺で慶長2年(1597)の創建で同9年萱町(かやまち)から泉三丁目(旧飯田町)の現在地に移転した寺です。養念寺の後園には寺の創建前から古い池があり、この池を改修し庭園にしたのが「烏ガ池」です。泥土の色が黒かったためその名が付いたといいます。この池は今でも水は枯れることはなく、又水源は地下からの湧き水ということです。松山神社の「恵みの水」も地下からの湧き水ということでこの辺りに水脈があることが想像されます。
戦後の都市復興工事で大光寺から松山神社までかつてあった道と溝は途切れ、住宅地となり現在では松山神社から養念寺、さらに東へと道を見ることが出来ます。この道を造るにあたり「烏が池」にかかり、この池を壊すことになりやむなくカーブの道になったと住職様に伺いました。現在庫裏を改修中で基礎工事で地下を掘ったら水が流れ出し、工事は慎重を期しているそうです。やはり烏が池の湧き水が関係しているのでしょう。

IMG_5565.jpg道路のカーブ IMG_5552 (1).jp庫裏改築
 工事柵の奥が「烏が池」、カーブの道  庫裏の基礎工事、樹木の奥が「烏が池」

 

 

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy