町並みの移り変わり (続10)

By , 2020年11月3日 4:24 PM

主税町の私邸
東区の町並み保存地区は通るたび、様子が変わり旧宅が取り壊されています。江戸時代は武家屋敷、大正から昭和の初めにかけては企業家たちの邸宅が建ち並ぶ一帯でした。一番に感じるのは何処の家々もその敷地の広さです。幸い昭和20年の戦災も逃れその時代に建てられた邸宅も残っています。橦木町の「文化のみち橦木館」主税町の「豊田佐助邸」などはその一部で、現在はその家の方々が住むのではなく一般に公開されています。私邸もまだ残されてはいますが8月末黒塀に囲まれたある邸宅が取り壊され始め、内部の家の様子が見ることができました。洋館と和館が併置され、黒塀の黒門を通り抜け又小さな門をくぐると和館の横に玄関がしつらえてあるようでした。全く「橦木館」を同じ造りであることを感じ昭和の初めに建てられたのかと想像が出来ます。えっ、又マンションかと思いきや、HR私邸の工事標札を見て安堵しました。どんな邸宅に生まれ変わるのか、時代の流れを受け止めています。

IMG_5799.jpg堀内邸黒塀 IMG_5811.jpg黒門
黒塀に囲まれた私邸 この黒門の中の家はどんな家?といつも思っていた
IMG_5815.jpg洋館と和館 IMG_5804.jpg内玄関
洋館と和館が併設されていた 上の写真黒塀の奥の通り庭
IMG_5955.jpgHR邸新築工事 IMG_6014.jpg新築工事、蔵
綺麗に整地されその広さは凄い! 白い工事囲いの奥の蔵とその隣の建物は残された


 

 

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy