町並みの移り変わり(続11)

By , 2020年12月27日 8:58 PM

禅隆寺の山門改築その後

今年も後わずかで新年を迎えます。町並みの移り変わりも古い家が取り壊されマンション化、老朽化した寺の山門の改修など変わる町並みの様子をお伝えしていますが改築中の様子も見て行きたいと思います。
飯田町バス停前の禅隆寺は毎年紅葉が美しく紅葉狩りの人々や写真愛好家が集いシャッターを切る姿がありました。今年は残念ながら2月頃から始まった山門と塀の改築のため、訪れることは出来ませんでした。清須から移築した山門は400年の年月でとうとう新しく建立されることになりましたが後世に残るものとなるでしょう。完成は年末の予定だったそうですが、やはり宮大工さんの手作業ではなかなか進まないそうです。それでも葵の紋の瓦、懸魚、「興」と読める鬼瓦等を見ることが出来ます。3月のお彼岸には完成?などとお庫裏様からお聞きしました。(続6もご覧ください)

禅隆寺 IMG_6120.jpg禅隆寺山門 側面
 少し全体が見えてきました。軒瓦には葵の紋 鬼瓦「興」の文字は宗興山の山号からかな?



Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy