旧豊田佐助邸塀の修理

By , 2021年1月13日 9:49 PM

2021年の新しい年を迎えました。増え続けるコロナウィルス感染者にとうとう愛知県にも緊急事態宣言が発令され「東区を歩こう!」もやはり足並みが遅くなるようです。
主税町三丁目にある旧豊田佐助邸の前を通ると塀の修理が行われていました。通常は公開(月曜日休館)されていたのですが、昨年末から3月半ばまで休館ということです。この邸宅は自動織機の発明で名をなした豊田佐吉の弟、豊田佐助の邸宅として大正12年建築の和館とそれ以前に建てられていた洋館からなっています。現在は所有者のアイシン精機から名古屋市により維持管理されています。石造りの門には門を覆うような見越しの松があったのですが、少し奥に移植されていました。こんな老木を移し替えても再生するのか心配で見守っていきたいです。左手の袖には結構古い梅が植えられていましたが取り払われていました。もうすぐ梅の開花が楽しめたのと思うとちょっと残念です。

IMG_6173.jpg佐助邸工事 IMG_6179.jpgみこしの松
 白い養生塀におおわれて中の植栽も間引かれています  奥に移植された見越しの松

 ★右のカテゴリーから「町並み保存地区、施設、建物」olderから「主税町町並みその5 旧豊田佐助邸」も併せてご覧ください。

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy