町並みの移り変わり (続13)

By , 2021年2月10日 3:44 PM

名古屋東税務署の新庁舎 主税町3-18
名古屋東税務署は平成30年5月から旧庁舎替えの為泉1丁目に移転中です。令和3年1月には旧所在地に新庁舎が完成、敷地面積千坪余に地上5階地下1階の建物とゆったりした駐車場も併設されました。
この地区は名古屋市の景観形成地区に指定され西の国道41号線角には「主税町教会」向えには陶磁器輸出商「旧春田鉄次郎邸」豊田佐吉の弟である「旧豊田佐助邸」など大正時代に建てられた建物が点在している町並み保存地区です。
周囲の景観に溶け込むイメージを期待していたのですが、白いビルは町並みに目立つ存在になってしまいました。緑区にある「税務大学校名古屋研修所」も併設され、未だ業務も行われていないようで閑散としています。確定申告時期になると静かな町並みも一変して人通りが多くなりますが、令和2年度の申告は旧庁舎のようです。
2020年7月31日発信の(続7)には工事の経過を発信しています。右のカテゴリー、町並みの移り変わりから)

IMG_6271.jpg全景縮小 IMG_6256.jpg縮小
 後ろは名古屋都市高速、国道41号線が平行   税務大学校名古屋研修所の案内看板

 

Panorama Theme by Themocracy