Category: ゆかりの地を訪ねて

ゆかりの地を訪ねて

By , 2019年3月31日 11:49 AM

茶屋新四郎宅跡地 中区丸の内二丁目
前回アップした尾州茶屋家はかつて屋号に因んだ名古屋茶屋町(ちゃやまち)に壮大な居宅と店舗を構えていました。現中区丸の内二丁目(京町と呼ばれている)ですが那古野神社の東にあり、長者町と本町をはさむ東西の道です。現在の松坂屋は万治2年(1659)に茶屋町に呉服小間物問屋伊藤呉服店を開業、茶屋家の北にありました。現在のアイリス愛知です。今では茶屋家の跡地には茶屋新四郎宅跡と記された教育委員会の標札があります。そこには大学の校舎ビルが建てられ往時を偲ぶことは出来ません。しかしながら17代茶屋家(中島家)による学校法人茶屋四郎次郎記念学園、東京福祉大学名古屋センターとなり存続していることはあまり知られていません。インターネット沿革によると1991年学校法人茶屋四郎次郎学園がビジネス専門学校として認可、所在地は群馬県伊勢崎、東京池袋、東京王子、名古屋丸の内キャンバスとなっています。茶屋家の本名である中島家は受け継がれています。

IMG_3941東京福祉大学 IMG_3937標札縮小
IMG_3958京町 IMG_3963東京福祉大学
 京町について書かれた説明文。和泉町・茶屋町・京町・中市場町が属していた。クリックすると大きくなります。 「東京福祉大学」の大きな看板は中区丸の内一帯のあちこちのビルに見ることが出来ます。
 IMG_3947学校法人  「東京福祉大学」の大きな看板を掲げたビルの周辺には学校法人「茶屋四郎次郎記念学園」と書かれた駐輪場が沢山あります。教室はあちこちのビルを利用、丸の内周辺では9号館を見ました。

★参考資料 教育委員会標札 名古屋の商人伊藤次郎座衛門 ブルタニカ百科事典

ゆかりの地を訪ねて

By , 2019年1月28日 3:57 PM

井持浦教会「ルルドの洞窟」 長崎県五島列島 五島市玉野浦
カトリック主税町記念聖堂

今回も足をのばしてゆかりの地を訪ねます。東区主税町3丁目には「カトリック主税町記念聖堂」があります。この教会は明治20年(1887)フランス人宣教師によって名古屋で初めて造られたカトリック教会で東海三県下では最も古い教会です。しかしながら平成26年(2014)120年以上続いた教会の機能が移管され現在では記念聖堂となっています。この教会の敷地内に「ルルドの洞窟」があり明治42(1909)年に造られた日本で2番目に古いものです。そこで一番古い「ルルドの洞窟」が長崎県五島列島にあるということではるか遠方まで出かけてみました。

DSC01858旧全景 DSC02959切り抜き2
 名古屋市東区 「カトリック主税町記念聖堂」   カトリック主税町記念聖堂 「ルルドの洞窟」

★井持浦教会
五島列島の南の島、福江島までは福岡空港又は長崎空港から飛行機又はフェリーでしか行けず非常に不便な島です。今回ある旅行社のチャーター便で小牧空港から福江空港FDA(フジドリームエアライン)で1時間半、何とも短時間で行くことが出来ました。福江島は幕府による禁教令により長崎外海(そとめ)からキリシタンの五島への移住が始まり、潜伏キリシタンとしてこの地に残り明治になって復活期を迎えました。玉野浦には明治30年(1897)フランス人宣教師により煉瓦造の教会「井持浦教会」が建設され、2年後の明治32年には「ルルドの洞窟」が建造されました。五島のあちこちから集められた奇岩、奇石が信徒達の奉仕により日本最大の洞窟が建造され、ルルドの聖母像はフランスから取り寄せて洞窟内に収められたといいます。こうして日本最初のルルドが造られ、参詣者が後を絶たずルルドの霊水を求めて訪れているそうです。昨年はこの五島列島にある二つの島が五島市の二つの構成資産を含む「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産の登録が決定しました。

IMG_3230井持浦教会縮小 IMG_3244ルルド縮小
 長崎五島列島 「井持浦教会」  井持浦教会 「ルルドの洞窟」

★フランスのルルドの由来
ルルドの洞窟はフランスとスペインの国境にあるフランス側ピレネー山脈の麓にあるルルドという洞窟でベルナベッタという14歳の少女のもとに聖母マリア様が出現、実に18回の出現が彼女にもたらされました。聖母マリア様は洞窟の水を掘るように命じ、湧きだした霊泉の水により難病がいやされ不幸、災難から救われるなど多くの奇跡が起こりたちまちカトリック最大の巡礼地になりました。現在もルルドの洞窟には年間5~600万人の人々が巡礼に訪れているそうです。

ゆかりの地を訪ねて

By , 2019年1月12日 4:55 PM

堀江山長谷院(ちょうこくいん) 愛知県清須市桃栄3-80
東区寺社巡りから足を延ばして「ゆかりの地を訪ねて」として清須にある「長谷院」に出かけました。
この寺には江戸時代東区にあった「お下屋敷(おしたやしき)」の中に建立されていた「多宝塔」が移転されているという報が昨年(2018)9月名古屋市逢左文庫で開催された「尾張藩邸物語」で公開され、徳川美術館館長にお聞きしても最近判ったということです。早速訪ねてみようと名鉄電車「須ヶ口」駅で降り、徒歩7分くらいのところにありました。「堀江観音」の名で親しまれる尾張33カ所2番札所てなっており、永享年間(1429~1440)頃の創建、浄土宗の寺ですが、今は無人となっています。
東区にある「お下屋敷」は尾張二代藩主光友により尾張藩の別邸として延宝7年(1679)に造営されました。後に質素倹約を旨とする八代将軍吉宗と規制緩和政策をとった尾張七代藩主宗春と対立し、この屋敷に蟄居謹慎になったことはよく知られています。天明2年(1782)の大火で屋敷や庭園のほとんどを焼失、その後には多宝塔が尾張十代藩主徳川斉昭(なりとも1793~1850)によりお下屋敷に寄進されました。天保5年(1834)にはお下屋敷にあった仁王門、多宝塔、明王堂などが清須の「長谷院」に移築され名古屋の商人、杉屋佐助(米穀商)の努力で寺観が整えられていきました。しかしながら江戸期の建物は現在では多宝塔」のみとなりその他は戦後建て替えられています。東区のお下屋敷一帯は明治になって壊され広大な土地が大正期まで残されました。この中にあった多宝塔も長谷院へ移転したから残った貴重な遺産です。

IMG_3031多宝塔 IMG_3024仁王門
 塔は石組の基壇に建っています  戦後建て替えられた仁王門

★多宝塔とは平面が方形の初層の上に平面が円形の上層を重ね四角錐形の屋根を有する二重塔の形を言います。
★注) 多宝塔はお下屋敷から「長谷院」へ移転したことは「尾張藩邸物語」で確かです。又境内の標識にもお下屋敷から寄付されたと書かれています。しかしながらどのブログ、書き込みを見てもそのことは記載されず斉昭寄進とのみ書かれています。寄付された年代が分かればよいのですが、もう少し調べてみます.

 

IMG_3019瓦 IMG_3020 (1)名所図会
  軒瓦には葵の紋がありますが、下層部の瓦は紋がない
おそらく修理後にこのようになったのでは。
        本堂左にあった標識、これからは年代は
読み取れません。

★右の標識には美濃路から分かれた津島街道が境内を通り、名古屋からの観音参り、甚目寺、津島への参詣者を迎え「尾張名所図会」にはその賑わいが描かれています。写真の上でクリックすると大きくなります。
★参考資料 ひがし見聞録、長谷院境内標識、近所の方の聞き取り、ウキペディア

ゆかりの地を訪ねて (No.5)

By , 2017年4月27日 8:33 PM

東区にある佐吉を支えた人々の邸宅
「ゆかりの地を訪ねて」No.4でアップしたトヨタ産業技術会館での企画展で紹介された11人のうち東区には旧豊田佐助邸、西川秋次邸、旧豊田利三郎邸の門と塀が現存しています。そんな3人の旧宅を紹介します。
★豊田佐助邸
豊田佐助は佐吉の末弟ですが佐吉の織機の評価試験・研究・資金などで支えた人です。主税町の中程に大正5年(1916)建築の木造2階建ての洋館と大正12年(1923)建築の木造2階建ての和館が併設された邸宅があります。敷地面積600坪のこの邸宅で佐助は昭和37年迄暮らし80歳で亡くなりました。その後一時期アイシン精機の福利厚生施設に使われたことがありましたが、老朽化が激しく平成7年に水周り部分の一部が解体されました。現在はアイシン精機から名古屋市が維持管理を委託され公開されています。(月曜日休館)佐助邸について詳しい事はこちらをご覧ください。

CIMG9326ブログ縮小4 CIMG8910ブログ縮小3
 豊田佐助邸門  左、和館と右洋館

★西川秋次邸

西川秋次066  西川秋次は一貫して佐吉の事業に協力、紡績事業の技術面と上海の紡織事業で経営を支えた人で佐吉の右腕ともいえる人です。佐助邸から程近くに西川秋次邸があります。大正末期に建てられた邸宅は戦災で3階と2階部分を焼失し、改築されましたが、昭和56年取り壊され建て替えられました。門と塀は大正時代創建当時のままの姿で残されています。個人のお宅で了解を得ていませんので今回の紹介はここ迄です。

★旧豊田利三郎邸の門と塀
豊田利三郎は佐吉の長女愛子と結婚し、豊田家に入籍。紡績業主体の事業から繊維機械・自動車等、機械産業事業への拡大・多角化を図り経営者としてグループ経営に携わりました。豊田自動織機初代社長。トヨタ自動車工業の初代社長を務めました。
豊田利三郎邸は白壁町に大正7年(1918)に建設されました。邸宅は昭和60年にマンションとなり、江戸時代の様式を模して造られた薬医門と武者窓を備えた塀が当時のまま残されています。平成3年には都市景観重要建築物に指定されています。マンションと記しましたが様子が一変しました。この記事について次回に続きます。

CIMG0896豊田利三郎邸、門 武者窓2
 薬医門の正門  武者窓のある塀

参考資料 ひがし見聞録・小説西川秋次の生涯・トヨタ産業技術記念館パンフレット

ゆかりの地を訪ねて (No.4)

By , 2017年4月17日 7:05 PM

トヨタ産業技術記念館 西区則武新町4丁目
トヨタ産業技術記念館は現在のトヨタグループの創始者である豊田佐吉の自動織機や喜一郎の携わった自動車部品の制作開発を行った場所であります。このトヨタグループ発祥の地である旧豊田紡織株式会社本社工場跡に1994年に設立されました。今年は豊田佐吉生誕150周年ということで「研究と創造の生涯。佐吉の志と、それを支えた人々」と題して特別展が2月11日から5月7日迄開催されています。特別展示室では佐吉が多大な業績を残し得た背景には、様々な人の支えがあり、発明・研究、事業経営、資金面などで手を差し伸べた11人が紹介されています。その中で佐吉の末弟豊田佐助、佐吉の上海紡織事業の経営を支えた西川秋次が大正時代に住んだ邸宅が東区主税町にあり今でも見ることが出来ます。豊田利三郎宅は白壁町に門と塀が残されています。佐吉、喜一郎も東区に邸宅を構え、豊田一族が大正時代住んだ町でもあります。

DSC0292811人 DSC02948展示全景
  佐吉の志とそれを支えた11人の写真が左に  展示室全景、時代ごとに発明された織機の展示もある
DSC02922産業技術記念館、平吉、佐助 DSC02945西川
  次弟豊田平吉と末弟豊田佐助   上海紡績事業の経営を支えた西川秋次

ゆかりの地を訪ねて (No.3)

By , 2017年4月5日 2:23 PM

湖西市立鷲津小学校
鷲津小学校は豊田佐吉の出身校である川尻小学校の後身です。沿革によると明治6年(1873)鷲津本興寺境内に小学鷲津学校、吉美妙立寺境内に小学川尻学校が創設されました。佐吉は明治8年(1875)下等小学校(小学川尻学校)に入学、4年後の明治12年卒業しました。当時の学校制度では学校に行くことが出来た佐吉は幸せな方でした。卒業後の佐吉は父の大工仕事を継ぐ気もなく、近くの観音堂に毎夜志を同じくする仲間5人の若者と自習的に夜学会を開いていましたが、勉強だけではすまなく「西国立志編」を何度も読むうち発明を志すようになったといいます。佐吉の原点はここにあったのではないでしょうか。記念館から徒歩15分程の小学校、中学校を訪ねてみました。
★参考資料 豊田佐吉(人物叢書)、 小説 豊田佐吉

 
鷲津小学校
DSC02897鷲津小学校校門
  湖西市立鷲津小学校校門
DSC02899校門通路 DSC02898小学校校訓
校門通路に記されたプレート、左のプレートには「私たちは世界の織機王豊田佐吉と同じ学校に学ぶことを誇りとしています」と記されていかす。

湖西市立鷲津中学校
佐吉は小学校を卒業しただけなのでこの中学校に通いませんでしたが、小学校に隣接してあり、校門を入るとすぐに佐吉の胸像と佐吉の語録の書かれた石碑があり、ここにも鷲津の誇りのようなものを感じました。

DSC02884鷲津中学校表札 DSC02886佐吉胸像
湖西市立鷲津中学校校門の表札  佐吉胸像、「障子を開けてみよ 外は広いぞ」

ゆかりの地を訪ねて (No.2)

By , 2017年4月1日 1:46 PM

豊田佐吉記念館展示室
豊田佐吉記念館には正門を入ってすぐ右に展示室を設けています。ここには佐吉の発明した織機や特許証、ゆかりの品を展示しています。展示されている3機の織機を紹介します。
★参考資料 豊田佐吉記念館カタログ

豊田佐吉記念館065 障子を開けてみよ
外は広いぞ
これは佐吉の語録として有名なものです。「障子の向こうには、今迄見えなかった世界が広がる。障子を開けば新しい世界が広がり、可能性が広がる。」というものです。
(佐吉記念館母屋から庭を写した絵葉書使用)
DSC02846明治23年  豊田木製人力織機
明治23年(1890)

これまで両手で織っていたものを片手で織れるように改良したもの。片手でおさを前後させるだけで、シャトルが左右に走るように改良した。
基本的に人間が手で織る機械であった。
DSC02847明治29年  豊田式木鉄混製動力織機
明治29年(1896)
日本で最初の動力織機
横糸が切れたら杼(ひ)が止まり自動で停止する装置で人力から動力を完成した。
布の巻き取り装置も備えた。
DSC02850 大正13年G  無停止杼換式豊田自動織機
(G型自動織機)
大正13年(1914)
高速運転中にスピードを落とすことなく、杼(ひ)を交換して横糸を自動的に補給する。
佐吉が究極の目標に定め、当時世界で最高性能である完全な自動織機。

ゆかりの地を訪ねて (No.1)

By , 2017年3月30日 8:34 PM


豊田佐吉記念館

今年は自動織機発明の豊田佐吉(1867~1930)生誕150年となります。佐吉は静岡県湖西市山口に生まれ地元の鷲津小学校を卒業後、父の後を継ぎ大工となります。明治23年23歳の時、東京で開催された内国勧業博覧会で外国製織機を見て感銘を受けると独力で「豊田式木製人力織機」を発明しました。明治35年にはトヨタグループの原点といえる「豊田商会」を東区武平町(現泉1丁目)に設立、住まいも東区白壁町1丁目(清水口交差点南西)に構えました。東区は自動車王、豊田喜一郎(佐吉長男)、豊田佐助(佐吉末弟)、豊田利三郎(佐吉娘婿)など豊田一族が住んだゆかりの地でもあります。今回は豊田家発祥の地、静岡県湖西市山口にある「豊田佐吉記念館」を訪ねてみました。 トヨタグループが運営する博物館は愛知県内に数多くありますが、唯一愛知県外にあるのが「豊田佐吉記念館」です。ここは豊田家の所有で豊田家三代目である豊田章一郎氏が館長ということです。母屋は残念ながら非公開となっていますが、豊田の社員達も一度は研修に訪れるそうです。高低差のある敷地は浜名湖を見下ろす展望台まで標高40m、冬の晴れた日には冨士山を見ることも出来るそうです
★参考資料 豊田佐吉伝、豊田佐吉記念館カタログ、トヨタ産業技術記念館「赤れんが便り」

鷲津駅
行き方

JR東海道本線
「鷲津駅」より2km 徒歩25分、タクシー5分

DSC02874佐吉記念館全景 DSC02872母屋
  豊田佐吉記念館正面   母屋、佐吉が両親のため明治40年に建設
DSC02845佐吉銅像 DSC02844納屋
  玄関左手の庭にある佐吉銅像   佐吉が父に隠れて研究した納屋を移築
DSC02879生家復元 DSC02877生家内部
  生家、平成2年現在地に復元  生家内部、茅葺屋根、江戸時代後期の農家の形を残す
DSC02880発祥の地 DSC02882展望台
  豊田家発祥の地と刻まれた石碑、元はここに生家   展望台から見下ろす浜名湖

明倫堂、ゆかりの地を訪ねて その2

By , 2015年7月15日 4:13 PM

「永照寺本堂(明倫堂聖堂)」 羽島市福寿町平方
明倫堂ゆかりの地を訪ねて(その1)で紹介した明倫堂聖堂が岐阜県羽島市「永照寺」の本堂として残されているということで訪ねてみました。現中区東照宮にあった「明倫堂」の聖堂は明治維新後の廃藩置県により明倫館も廃止され、聖堂も売却に出され明治6年(1873)に羽島市の永照寺に移され本堂として改築されたという。そのままの場所に残されていたら昭和20年の戦災で焼失していたが移築されたおかげで羽島市の永照寺で聖堂を目にすることが出来るわけです。

DSC00792明倫堂聖堂縮小 DSC00793石碑縮小
 DSC00795浜縁,木階(もっかい)縮小  DSC00801永照寺山門

この聖堂は入母屋、妻入り、唐破風向拝(からはふうこうはい)付、桟瓦屋根(さんがわらやね)、周囲に浜縁(はまえん)を巡らし、正面には木階(もっかい)を設けています。妻入りとは縦長になった側面が正面となった入口のことで、内陣は外陣より2尺以上高くなっているという。向拝は後拝とも書きますが本屋から張り出して設けた庇を設けた部分です。こうした構造は一般寺院には見られない形式で、聖堂の建築も種々の変遷があったようであるが、天明頃の一形式を知る上で貴重な資料という。
昭和30年には岐阜県重要文化財に指定されました。
★参考資料 岐阜県教育委員会社会教育文化課ホームページ

DSC00799本堂内部縮小 永照寺は山号を光明山、浄土真宗大谷派の寺です。1533年に光照寺として開創されましたが、長島一向一揆で破壊されその後永照寺として再興されました。写真は改築された現在の永照寺の本堂内部です。お庫裏様にお願いし、写真を撮らせていただきました。天明7年(1787)の建築ですから築後220年以上も経ています。

 

明倫堂、ゆかりの地を訪ねて その1

By , 2015年7月4日 8:52 PM

「明倫堂趾」石碑 中区丸の内二丁目3
中区丸の内二丁目、東照宮内に「明倫堂趾」石碑があります。明倫堂は尾張9代藩主徳川宗睦(むねちか)により、天明3年(1783)藩士の子弟の教育のため建てた学問所(藩校)でした。儒学者であった細野平洲を初代総裁に迎え、名古屋城郭外南(現東照宮内)に創設しました。武士をはじめ農民、町人の別なく彼の講義に列することを許しました。明治4年(1871)には廃藩置県により廃校となりました。その後は「句碑・石碑を見つけよう!」No.9,No.10で紹介した「私立明倫中学校」「愛知県立明倫中学校」「愛知県立明倫高等学校」合併により「愛知県立明和高等学校」と変遷をたどりました。
なお、東照宮は尾張初代藩主義直公により、家康公逝去3年後元和5年(1619)日光鎮座の式に準じて名古屋城郭内三の丸に鎮座しました。明治9年には明倫堂跡地である現在地へ遷座されました。東に隣接している那古野(なごや)神社はこの辺りの氏神神社ということです。

DSC01378明倫堂 DSC01379縮小2

★参考 「東見聞録」「東照宮の栞」

 

Panorama Theme by Themocracy