Category: 戦争の爪痕を残す風景

戦争の痕跡を見る (No.7)

By , 2018年8月13日 2:54 PM

大曾根駅殉職者慰霊碑 東大曽根町
今年の名古屋は異常な暑さで40℃を上回る日もたびたびありました。東区を歩くこともしばらく休止してしまい申し訳ありませんでした。
間もなく73回目の終戦記念日8月15日がやってまいります。JR中央線大曾根駅南口の線路の西側には当時の国鉄職員30人が殉職したという慰霊碑が建てられています。大曾根駅付近では昭和20年4月7日午前11時から2時間アメリカ空軍のB29による激しい空襲を受けました。主目標は三菱重工名古屋発動機製作所でした。この時旧国鉄大曾根駅には約100人の乗客がいましたが、駅員のとっさの判断で乗客を列車に乗せ駅に避難中の中津川行きの列車に乗せ勝川駅まで送り出しました。その後駅員たちは防空壕に避難したものの直撃を受け30人が命を落としました。昭和21年この御霊を偲んで慰霊碑が建てられ石碑の裏には「昭和20年4月7日大曾根駅に於ける殉職者」と題して犠牲になられた30人の氏名が刻まれています。うち12人は女性でありました。この慰霊碑が置かれた場所はかつては大曾根駅南口改札口を入った所にあったものが現在地に移設され、乗降客以外でも目に触れることはできるようになりました。しかしながらここを通る人はほとんどなくなり又もや人々の目に触れる機会がなくなってきたようです。今回も戦争の傷跡ではありませんが、この碑も戦争を思い起こす貴重なものです。

慰霊碑
IMG_2469大曾根慰霊碑
 この位置ではあまり目につかないのが残念です  右の高架がJR中央線、東側に南口改札
IMG_2470慰霊碑No.2 IMG_2471慰霊碑背面
 立派な慰霊碑も今や忘れ去られたように  殉職者30人の名が刻まれています

★参考 ひがし見聞録、 文化・情報・広報誌「風は東から」第2号、第32号

戦争の痕跡を見る (No.6)

By , 2018年7月1日 11:47 AM

旧市立第三高等女学校の石碑 橦木町二丁目
第二次世界大戦の痕跡を目に出来るものは東区ではすでに発信した5カ所(まだ他にあったら教えて下さい)となりましたが、今回からはこの戦争で犠牲となられた方々を偲ぶ慰霊碑を探して歩きます。戦後73年も過ぎようとしている現在、当時のことを知る人もほとんどなくなってしまいました。橦木町二丁目にある山吹小学校の東には大正12年(1923)旧市立第三女学校が創設されました。ここでは三菱航空機に勤労動員されていた生徒が軍需品を作っていたため昭和20年1月23日の米軍の空襲に遭い防空壕に爆弾が直撃、避難していた生徒42名が爆死しました。焼野原となったこの敷地には仮設簡易住宅、木造平屋建てのバラック住宅85戸が建設されたましたが、その後昭和44年には高層の市営山吹荘が建設され、東には46年山吹小学校の生徒、住民らが憩う「山吹谷公園」も造成されました。昭和56年には爆死した生徒を悼む慰霊碑が「山吹谷公園」の西に卒業生「山稜会」により建立されました。毎年山稜会の有志により1月23日には近くの徳川家菩提寺である建中寺で慰霊祭が行われています。この石碑を見て往時を偲び、語り部となってくれる人もなく、山吹小学校の生徒又、就学前の子供を連れた家族が遊ぶ山吹谷公園の片隅にひっそりとその石碑はあります。

ここに石碑
IMG_1878市立第三高女石碑
 山吹谷公園の西端に二つの石碑がある
IMG_1874校碑 IMG_1877石碑背面
  左が校碑、右が校訓碑  校碑の背面には「昭和20年1月23日」と刻まれている

★参考資料 ひがし見聞録     山吹ものがたり

戦争の痕跡を見る (No.5)

By , 2018年6月21日 9:16 AM

 妙見山了義院 徳川二丁目
了義院は日蓮宗の寺で昔は成就院と称して月見の名所でありました。No.4で紹介した片山神社から2~300m西に在り、この辺りも月見坂と呼ばれ北と東へ下る坂道があり月見の名所であったのでしょう。現在でもなだらかな坂は残り当時を想像することは出来ます。
俳人松尾芭蕉は貞享5年(1688)かねてから三日月を眺める名所と聞いていた大曾根のこの成就院を訪ね、この月見坂から三日月を眺める句を詠みました。「有りとあるたとえにも似ず三日の月」と詠まれたこの句は芭蕉50回忌の寛保3年(1743)に芭蕉門下により句碑が建立されました。しかしながらこの句碑は昭和20年の戦災で破損、その後破損した原碑を繋ぎ合わせて復元しましたが、読み取りにくいことからその横に昭和24年、新碑が建立されました。了義院の句碑については!先に投稿した右のカテゴリーの中の「句碑・石碑を見つけよう!」又はこの赤字をクリックするとリンクできます。繋ぎ合わされたこの碑からも戦争の痕跡を見ることが出来ます。

了義院
1image1了義院 縮小
 片山神社、了義院、又西にある国道19号線にも坂は残る    寺に鳥居? 明治初めまであった神仏習合の名残
image1了義院2縮小 DSC00154縮小
 繋ぎ合わせた石碑。右肩に芭蕉の文字が見える   昭和24年に建立された新碑


★参考資料 ひがし見聞録・東区の歴史・芭蕉入門

戦争の痕跡を見る (No.4)

By , 2018年6月12日 10:41 AM

片山八幡神社の鳥居 徳川二丁目
片山八幡神社の創建は西暦527年に現在の地に鎮座したと云います。旧社名は「大曾根八幡社」と呼ばれその後戦国時代には荒廃し、元禄8年(1695)尾張二代藩主徳川光友により再興しました。この地は名古屋城の鬼門に当たり、鬼門除けの社として信仰されています。
昭和20年の戦災により境内の老樹、建造物の多くを焼失、昭和34年には本殿を造営、平成8年には大改修工事の後平成10年に完工し現在に至っています。境内鳥居の右には先の戦災での弾痕が見られます。戦争の記憶を思い起こす一つです。

image1片山八幡神社正面 縮小 image1片山八幡神社 弾痕
  鳥居奥は本殿   鳥居右の弾痕、中ほどの丸い穴

★参考資料 片山八幡神社縁起・ひがし見聞録

戦争の痕跡を見る (No.3)

By , 2018年5月30日 9:55 PM

赤塚神明社の楠正成像 徳川2丁目1
基幹バス通り赤塚交差点に「赤塚神明社」があります。その歴史は遥か遠く1616年古くからあった神明社を近郊一帯の総氏神として尊崇するようになったといいます。1851年には大曾根村の「山神社(やまじんじゃ)」が名古屋城鬼門鎮護の神として14代徳川義勝公の命によりここに移築されました。1867年(慶応3年)には尾張勤王の志士達により「湊川神社」が神明社に創建されました。昭和15年には皇紀2600年(神武天皇即位記念)を記念、湊川神社の祭神として楠木正成公の銅像が建立されました。楠木正成は兵庫県湊川の地で足利尊氏との「湊川の戦い」で知るところです。このように神明社の境内には他を合わせて七末社が祀れています。
No.2で紹介した圓明寺は戦時中の金属回収令により鐘を供出しましたが、幸いにも神明社の「楠木正成公」の銅像は供出を免れた数少ない一つかもしれません。今回も戦争の痕跡ではありませんが、「楠木正成公」の銅像を取り上げ戦争の悲惨さを思い起こしてみたいと思います。なおこの銅像は昨年化粧直しが行われたと氏子の方に伺いました。神明社は昭和25年の都市計画により、境内地が三分の二も削られその地は一部国道19号線となっています。
★参考資料 神明社由緒書 東区の歴史

DSC04531神明社鳥居縮小 IMG_1825神明社末者
神明社鳥居、7月30日には茅輪(ちのわ)、赤丸神事  境内七末社、一番左が「湊川神社」
IMG_1829楠木正成 IMG_1830紀元2600年記念
 「楠木正成公」銅像  銅像の背面に書かれた「紀元2600年記念」

戦争の痕跡を見る (No.2)

By , 2018年5月20日 8:54 PM

圓明寺の石の釣り鐘 泉3丁目2
圓明寺は旧鍋屋町に面して山門がありますが、戦前は前回紹介した養念寺の南の敷地と地続きでした。現在の圓明寺は伊勢長島松ヶ島より元和7年(1621)に現在地に移転、明治34年に山門、鐘楼、本堂、庫裏が建立されましたが、昭和20年3月の名古屋空襲で被災、山門、鐘楼のみが焼け残りました。この折昭和16年に発令された金属類回収令により翌年には圓明寺の銅製の釣り鐘も供出され、代わりに石で造られた鐘が吊るされました。戦争が終わり復興とともに石の鐘を降ろし、銅の鐘を吊るす計画が起こりましたが、当時の住職は石の鐘を吊るすことにこだわったといいます。「人間少し生活が良くなると見栄を張り、石の鐘を降ろそうとする。石の鐘にしたらたまったものではありません。」と云われたそうです。平成27年には山門の横に「戦争の記憶を後世に残すため」「平和を見守り続けるため」と説明された表札が建てられました。今回は戦争の痕跡ではありませんが、戦争の記憶を思い出す「石の釣り鐘」を取り上げてみました。

DSC00881石鐘 IMG_1819鐘楼
  写真の上でクリックすると文字が読めます   全国でも非常に珍しい石の鐘です

★参考資料 名古屋市史・圓明寺境内「石の鐘」説明文

戦争の痕跡を見る(No.1)

By , 2018年5月11日 9:09 PM

養念寺の梵鐘 泉3丁目3
昭和20年の太平洋戦争により東区は多大の被害を受けました。特に軍需工場の攻撃は7回も有り、市街地に対する大規模な攻撃は18回もあったといいます。度重なる小規模な空襲で東区は民家、学校、寺町筋も焼き尽くされ、杉ノ町、代官町、鍋屋町、大曾根等多くの商店も戦前の姿を消しました。戦後73年を経た現在では想像もつかないほどに生まれ変わりましたがその中でも戦争の痕跡を見ることが出来ます。養念寺は昭和20年3月の空襲ですべてが焼失し、この梵鐘は金属供出を免れたもので爆撃を受けた痕跡が残っています。今回はそんな痕跡を探して歩きます。

養念寺縮小
養念寺
 富永山 養念寺 (浄土真宗)
IMG_1780穴の開いた梵鐘 IMG_1783烏ガ池
 玄関脇に置かれた穴の開いた梵鐘 書院から見る「烏ガ池」水の色が烏のように黒いから

★参考資料 ひがし見聞録

Panorama Theme by Themocracy