Category: 町の情報

町の情報 (No.8)

By , 2017年2月18日 12:40 PM

オアシス21への地下通路 東桜1丁目
「東区を歩こう!」は今まで地上ばかりを歩いてきましたが今回は地下街を歩いてみます。NHK名古屋放送局、愛知芸術文化センターなどの文化施設も東区東桜1丁目にあります。これらの施設の西にはオアシス21があり、ここは空中散歩が楽しめる水の宇宙船をメインとし、芝生の斜面の台地があります。宇宙船をかたどった屋根の地下は「銀河の広場」と名付けられイベントに使われています。現在は2月26日まで氷でないスケートリンク「豊田合成リンク」となっています。ここを通り久屋大通へ行く地下街は「セントラルパーク」となっていますが、そこへ向かう途中の壁に沢山の数字ばかりが書かれた看板があります。いつから設置されたのかも知りませんし、気にも留めずに歩いていました。何を現した数字と思いますか?立ち止まって良く見たら「3.14・・・・・」から延々と続くあの円周率ではないでしょうか?数学の時間での懐かしいあのπ(パイ)ですね。いつまでも割り切れない小数点以下何桁まで書かれているのでしょうね。しばらく前を通る人を見ていましたが、全く見る人も立ち止まる人もなく通り過ぎて行きましたが、こんな看板にも目を止めてみてはいかがでしょう。

 DSC01271オアシス21no2 DSC02589栄バスターミナル
 テレビ塔と水の宇宙船 この前を通り抜けるとオアシス21
DSC02584  DSC02585数字
割り切れることのない数字  3,1415926535   8979323846   2643383279

町の情報 (N0.7)

By , 2017年2月6日 4:25 PM

横山美術館 東区葵1丁目1番21号
桜通り小川町交差点の50m程南に「横山美術館」と名が掲げられた地上5階建てのビルが昨年12月に竣工しました。2016年ナゴヤドームで行われた「ドームやきものワールド」で紹介され2017年10月1日オープン予定ということです。一般財団法人横山美術館としてコレクターである横山博一氏が個人で収集された陶磁器を中心に、明治、大正時代に制作された輸出陶磁器、日本初の洋風陶磁器であるオールドノリタケが展示されるようです。又あまり馴染みのない「隅田焼」の展示は明治の初め隅田川沿いの浅草橋場町に登り釜を築いたことから名がついたもので、まとまった作品を目にする機会が少なかったものということです。明治初期に最盛期を迎えた輸出陶磁器は世界に衝撃を与えましたが、今日では国内外の美術館やコレクターにより収集され再評価されるようになったといいます。調査、搬入、展示に手間がかかるのでしょうか開館まで8か月、待ち遠しいですね。この美術館のすぐ南には芸術創造センター、新栄(錦通り)にはフランス美術の絵画、ガラス工芸品、家具などを展示したヤマザキマザック美術館もあり芸術、美術愛好家には楽しめる一帯となります。
★参考 横山美術館発行カタログ

DSC02578横山美術館玄関 DSC02583横山美術館全景
入口には進入禁止のコーンが置かれている  国道153号線を挟んで西から東を見る
35横山美術館
o0400056013806223441

町の情報 (No.6)

By , 2017年1月26日 9:38 PM

徳川園の冬牡丹
徳川園大曾根口を入ってすぐ右手には牡丹園があります。毎年4月中旬から5月初めにかけて見事な牡丹の花が咲き誇ります。この通常の牡丹の株の間にわら囲いをかぶった「冬牡丹」の展示が行われています。冬牡丹は「寒牡丹」とも違い春咲き品種を温室を利用して人工的に春の状態にして開花を早めたものです。新春になると温室から取り出した鉢を鉢ごと地中に埋め込みわら囲いを施したものです。青い長い茎と大きな緑の葉が豊富にあるのが特徴です。温度管理により「時期はずれ」を珍重する想いとわら囲いがさらに冬の風情をかもし出すようです。徳川園には18種70鉢の「冬牡丹」が1月2日から2月19日まで展示されています。これらの牡丹は日本一の産地と言われる島根県八束町大根島を主産地とした鉢植えを取り寄せて展示しているそうです。「島根大根島」この漢字を右から、左から読んでも同じ!これなら記憶にとどめて頂けるかも。
一方「寒牡丹」は人手を介さず自然の状態で自ずと花を咲かせます。自然のため開花しない花もありますが、晩秋から初冬にかけてと春に花を咲かせる二季咲きです。茎は細く短く葉はほとんど出ません。出ていても赤っぽいものです。徳川園にも「寒牡丹」が数株あり、今はつぼみの状態です。通常の牡丹に先駆けて春の初めに花が咲くはずです。写真の上でクリックすると大きくなります。徳川園についてはこちらもご覧ください。

DSC02547徳川園入口 DSC02548虎仙橋
   黒門入口でお出迎えの「冬牡丹」の鉢植え    虎仙橋前でも「冬牡丹」の鉢植え
DSC02564牡丹園 DSC02553観仙楼
  南を向いてお行儀よく並んだ「冬牡丹」   龍仙湖北の高みに植えられた「冬牡丹」
DSC02551里山 DSC02569通常牡丹
  里山の梅の木根元に置かれた「冬牡丹」の鉢植え   わら囲いの間には通常の牡丹が開花を待っている
DSC02554五大州 DSC02563連鶴アップ
    五大州     連鶴のごとく花がつながっているよう
DSC02560黄 DSC02558八千代椿
   薄い黄色の 黄冠   淡いピンクの 八千代椿

 

町の情報 (No.5)

By , 2017年1月15日 5:16 PM

町並み保存地区界隈の雪景色
14日からの寒波で東海地方に積雪がみられました。岐阜県では大雪となり14,15日と行われた大学入試センター試験は交通機関の遅れにより試験開始が繰り下げとなったようです。東区での積雪は4、5cmでしたが、いつもと違った雪景色がみられました。午前7時半頃から町並み保存地区である白壁町、主税町、橦木町を歩きました。

町並み保存地区059 サイズ調整
 町並み保存地区  白壁町町並み、左は旧豊田利三郎邸の塀
DSC02519加茂免前町並み DSC02517加茂
 白壁町 左は料亭「加茂免」の白壁  料亭「加茂免」表玄関
DSC02502佐助邸 DSC02495主税町町並み
 主税町 旧豊田佐助邸門  主税町町並み 東から西を見る
DSC02487二葉館町並み DSC02486二葉館
 橦木町南北の町並み 「文化のみち二葉館」  「文化のみち二葉館」全景
DSC02485橦木町町並み DSC02482山吹谷公園
 橦木町町並み 右は「文化のみち撞木館」  橦木町 山吹谷公園

町の情報 (No.4)

By , 2017年1月9日 12:44 PM

東区の成人式
今日1月9日は成人の日です。平成8年(1996)4月2日から平成9年(1997)4月1日までに生まれた人(子年、丑年)が新成人の仲間入りです。東区では9学区合同の「成人の日のつどい」がウィルあいちで開催されました。昨日の雨も上がり、晴れ着姿の男女が久しぶりに会う同級生との楽しそうな光景が見られました。今年の東区新成人は585人と伺いました。毎年話題にのぼる派手衣裳は東区では一部男性の羽織袴姿が見られるくらいです。NHKが新成人に取材をしていましたが、彼らはこの日をどんな気持ちで、又これからの未来をどのように感じ、自分の人生にしっかりした目標を思い描いているのか知りたいです。
ウィルあいちの北向かいは名古屋市市政資料館です。大正11年に建てられたこの建物と華やかな若者たちとの融合ですね。

dsc02466%e6%88%90%e4%ba%ba%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%81%ae dsc02465%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%ba
dsc02460%e6%98%8e%e3%82%8b%e3%81%95 dsc02467%e9%9b%86%e3%81%86
dsc02473%e5%85%a8%e4%bd%93 dsc02480%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%80%81%e7%be%bd%e7%b9%94%e8%a2%b4%e5%a7%bf

町の情報 (No.3)

By , 2017年1月2日 4:30 PM

徳川園のお正月
明けましておめでとうございます。今年も東区の見どころ、情報をお届けするため東区を歩きます。「東区を歩こう!」を今年も引き続きご覧ください。
今日1月2日は「徳川園のお正月」のイベントとして特別開園が行われました。午前9時半から福引とお汁粉が先着300名に振る舞われましたが、10時15分頃にはチケットは終了となっていました。暖かい日差しに誘われて来園者も多かったようでした。11時からは龍門の瀧前で愛知商業高等学校・弓道部による「射初(いぞめ)式」が行われました。弓道着の部員達が一人一人15m先の的に向かって2本づつの矢を放ち、今年の初射ち披露となりました。又1月8日(日)に行われる「新春漫才」のデモンストレーションとして、徳川園内あちこちで漫才が演じられました。
園内では「冬牡丹」展示が2日から2月19日まで展示されます。促成栽培された牡丹がわら囲いの中に収まって南向きの太陽を浴びて新春の庭園を華やかに彩っています。なお、徳川園は3日は休園、4日から通常開園です。

dsc0242411%e5%86%ac%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3 dsc02422%e5%b3%b6%e5%a4%a7%e8%87%a3
 1月2日から展示された冬牡丹  島大臣という品種
dsc02427%e5%bc%93%e9%81%93%e9%83%a8 dsc02434%e7%94%b7%e5%ad%90%e5%bc%93%e9%81%93%e9%83%a8
「龍門の瀧」前の橋で部員の紹介  男子弓道部員による披露
dsc02435%e5%b0%be%e5%bc%b5%e6%bc%ab%e6%89%8d%ef%bc%91 dsc02438%e5%b0%be%e5%bc%b5%e6%bc%ab%e6%89%8d%ef%bc%92
龍門の瀧の近くで尾張漫才のPR   1月8日をお楽しみに!

町の情報 (No.2)

By , 2016年12月24日 12:15 PM

古民家のクリスマス飾り
この建物は泉一丁目(旧石町)にある明治13年建築の民家です。表札の左には「登録地域建造物資産 NO.2」のプレートが掲げられています。このブログにアップの承認を頂くため、玄関に入れて頂くと奥が長く蔵に続いていました。蔵は天保年間に建てられたものだそうです。母屋の土間の天井は棟、梁がむき出しになっていましたが、耐震のための補強もされていました。この明治時代建築の古民家表格子にクリスマスの飾りつけがされ、目を引きます。明治と平成そして日本と外国の文化の融合でしょうか。外に出ると奥の蔵が一部見え、屋根の丸瓦も見ることが出来ます。昭和20年の戦災でほんの一部免れた一帯です。
★「登録地域建造物資産」は名古屋市が築50年以上経過した景観的・文化的価値のある建造物を登録するという試みで平成23年10月から制定されたものです。名古屋市では平成28年11月現在151号まであります。東区ではこの「個人住宅」が2号として指定されています。

dsc02412%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9 %e8%94%b5%e3%80%80
連子格子に飾られたクリスマスグッズ  セブンイレブンの屋根越しに見る蔵
dsc02409%e6%a3%9f%e3%81%a8 dsc02410%e7%99%bb%e9%8c%b2%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e8%aa%8d%e5%ae%9a
 母屋土間の天井  登録地域建造物資産のプレート

町の情報 (No.1)

By , 2016年12月14日 9:18 AM

徳川園の門松 
年末となり徳川園黒門前に13日、門松としめ縄飾りが設置されました。山口町にある「臼井竹材店」の親子二代が作業に当たられ、尾張藩の様式を再現した様式で「松竹梅」がシンプルに飾られました。松、竹、笹のみで又、梅はわら縄で囲われた土台を縛り、正面を梅の花の形に結んで「梅結び」となっています。
門松とはお正月にその年の安泰と収穫の無事を祈るため「正月神、トシガミサマ」をお迎えしお祀りするもので、その降り立たれる場所を示す目印として立てるものといいます。12月13日、又はその後山から木を切りに行き「松迎え」を行い山からトシガミサマを迎え入れます。松は「祀る」に繋がる樹木、又古来中国でも生命力、不老長寿、繁栄の象徴とされ、日本でもお目でたい樹木として根付いています。

dsc02395%e4%ba%8c%e4%ba%ba%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e4%b8%ad dsc02398%e8%87%bc%e4%ba%95
 作業中の様子  根元は笹で飾る。これが右にある雌松
dsc02389%e9%9b%84%e6%9d%be dsc02399
 正面左にある雄松、梅結びも見られる  完成した門松としめ縄飾り

徳川園の門松は徳川家のしきたりを示した「金城温古録」にならったもので竹の先端を斜めに鋭く切った「そぎ」は徳川家康が始めたもので、家康唯一の敗北であった「三方ケ原の戦い」の後、武田信玄に対して次は「斬る」という願いを念を込めたものが始まりといいます。(徳川園黒門前の説明書による)

 

生涯学習まつり2016

By , 2016年10月21日 7:24 PM

東区葵一丁目、東生涯学習センターでは10月22日(土)、23日(日)の2日間生涯学習まつり(~ときめきの風は東から~)が開催されます。今日は午後から関係者が集い作品の展示、テーブル、机のセッティングなどの準備が行われました。当日は日頃生涯学習センターで活動されている皆様の成果物の展示、活動発表などが行われます。又、学習センターから外に出て近くの東寺町をガイドボランティアの案内で今から400年の前の清須越で移転した寺を巡る催しもあります。時間は13:30から無料で案内して頂けます。1階では模擬店、お菓子の販売、2,3階では展示、体験、活動発表が行われます。時間は22日は9:45~16:00。23日は10:00~15:00までです。是非お越しくださいね。

dsc02167%e7%94%9f%e6%b6%af%e5%ad%a6%e7%bf%92%e3%83%86%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc dsc02168%e7%94%9f%e6%b6%af%e5%ad%a6%e7%bf%92%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc
dsc02165%e5%b1%95%e7%a4%ba%ef%bc%91 dsc02164

 上の2枚の写真は展示の準備の様子です。絵画、俳句、草木染、フラワーアレンジ、編み物など1年の成果です。

桜通りのギンナン

By , 2016年10月6日 4:52 PM

「城東の坂を歩こう!」では約4kmを東へと歩きました。東へ行くにしたがって緩やかな坂となり、名古屋台地の端であったことがうかがえます。江戸時代の坂が今でも残されているのに改めて驚きました。今回からは秋の「町の情報」をお届けします。

gahag-011271%e3%82%a4%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3
桜通りは1937年2月の開通で来年は80周年を迎えます。桜通りの名はこれより随分後になって1984年公募で正式な愛称に決まったといいます。名前の由来は中区にある桜天神社に桜の大木があったことによるものです。開通当初は沿道に桜とイチョウが植えられましたが、戦災や台風の影響で桜だけが無くなってしまいました。来年「桜通り開通80周年植樹事業」として中区日銀前(伏見通との交差点)から東区小川町交差点まで約2kmに桜を植える計画があるようです。この区間は国道19号線と重なりますが、19号線は小川町交差点で北へ折れ曲がります。
小川町交差点から東は桜の植樹の計画は現在はなく、小川町交差点から東へ車道に至るまでイチョウ並木となります。このところの雨続きと台風でイチョウの実であるギンナンが歩道を埋め尽くす程です。今年は4月の花粉の飛ぶ時期に晴れが続き多くが受粉、結実し、ギンナンの当たり年ということです。ギンナンの落ちた後、紅葉シーズには素晴らしいイチョウ並木が楽しめます。
参考資料:中日新聞

dsc02094%e6%a1%9c%e9%80%9a%e3%82%8a%e3%80%81%e3%82%ae%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%b3 dsc02095%e3%82%ae%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%b3

Panorama Theme by Themocracy