Category: 花情報

町の情報(No.14)

By , 2017年3月19日 8:08 PM

大寒桜満開 泉2,3丁目
早咲き、桜みちは名古屋市内でいち早く咲くオオカンサクラの名所として大勢の方達が花見に訪れます。先週11日(土曜日)に第2回早咲き!桜みち祭りのイベントが開催されましたが気温も低く、まだチラホラでした。今年は昨年より開花が一週間程遅れ、今週末から来週初めの連休あたりが一番の見頃ではないでしょうか。桜通りから北へ基幹バス通りの白壁を通り越し名鉄瀬戸線、尼ケ坂駅まで延長となり約1,3㎞ほどの花見を楽しむことが出来ます。
泉2,3町目の桜みち、オオカンサクラの後は名古屋市市政資料館敷地内で種類、開花時期が異なったトウカイサクラ、ツバキカンザクラ、サトザクラ、ソメイヨシノ、ヤエサクラ、ヤエベニシダレサクラ等、数種類の桜の開花も楽しめます。町の情報を14回にわたって発信、後半は花情報となりましたが、この回で終了して新しい話題をお届けするつもりです。ご期待くださいね。

DSC02819金城高校前 DSC02822二葉館前
 左後ろは金城学院高校  文化のみち 二葉館前の歩道
DSC02828アップ DSC02837切り抜き
 満開のオオカンサクラ  花の首を折り、採食中のヒヨドリ

町の情報 (No.13)

By , 2017年3月15日 9:23 PM

JR大曾根北口の河津桜
東区のカワヅサクラ第3報、おそらく東区のカワヅサクラは3か所のようです。JR大曾根北口歩道上に、たった1本のカワヅサクラがあります。先に発信した東橦木公園と同時に平成20年4月東区制100周年記念として植えられました。9年を経過して立派に育ち、今年は先週あたりからの寒さの影響で開花が遅れていましたが今、満開となっています。木々の緑もまだなく、殺風景な歩道に頑張って咲き誇っています。

DSC02812遠景カワヅサクラ DSC02798大曾根駅
 JR大曾根北口、1本だけのカワヅサクラ   歩道が華やかに
DSC02801満開カワヅサクラ  DSC02815カワヅサクラ切り抜き

町の情報 (No.12)

By , 2017年3月11日 4:58 PM

桜みちまつり 橦木町2,3丁目
今日3月11日は東日本大震災から6年、その日が近くなると毎年地下鉄桜通り線「高岳」駅近くの桜並木道では名古屋でいち早く咲く大寒桜(オオカンサクラ)が見頃となります。「高岳」から桜通りに沿って東へ100m、桜通り泉2丁目の交差点を北へ進むとオオカンサクラと寒緋桜(カンヒザクラ)の並木が1km程、出来町通り白壁迄続きます。近年名鉄瀬戸線「尼ケ坂」駅まで若木が植えられ延長されました。今年は2、3日前の寒さで開花が留まっているようで所によっては三分咲き、後はちらほらというところでしょうか。11日(土)は「桜みちまつり」と題したイベントが名古屋東法人会青年部会、実行委員会の主催、「文化のみち二葉館」「文化のみち橦木館」「橦木町2、3丁目自治会」の協賛で開催されました。近くの「山吹谷公園」「二葉館」「橦木館」と各イベント会場へ足を運ぶ人達で賑わいました。「橦木館」では落語3題、沢山の方達が笑いに講じていました。庭でのミニコンサートにも人々が集まりゆったりした時間を過ごされていました。今年のオオカンサクラの満開は1週間後ではないでしょうか。是非お出かけ下さい。

文化のみち橦木館
DSC02770コンサート
橦木館前庭で行われた「平安桜」ミニコンサート
DSC02777たいちろう DSC02782けいじろう
橦木館での「COHARU」亭たいちろう落語 「COHARU」亭けいじろう落語
DSC02786二葉館と桜 DSC02796オオカンサクラ切り抜き
「二葉館」とオオカンサクラ(まだ三分咲き) アップで見てもこのくらいの開花

町の情報 (No.11)

By , 2017年3月8日 8:27 PM

赤萩南、中央線西の河津桜  葵3
カワヅサクラの第2報です。東区のカワヅサクラもいよいよ満開近しとなって来たようです。一般にみられるソメイヨシノより花の色が濃く、大きさも少し大きいようで枝一杯に花を付けた様子は見事です。桜通りとJR中央線西側の交差点を線路に沿って少し南へ行くと南北2カ所の角ににカワヅサクラが数本づつ植栽されています。この中央線を挟んで東区と千種区の区堺となります。大きく広げた枝は東区のカワヅサクラとしては見ごたえあります。

ここ!三角の空き地
DSC02765河津桜 中央線
DSC02769円型切り抜き DSC02767河津桜 アップ

町の情報 (No.10)

By , 2017年3月3日 8:00 PM

東橦木公園の河津桜とメジロ  徳川一丁目
「町の情報」も花の開花情報となってしまいました。3月に入り東区でもカワヅサクラの開花が見られるようになりました。東区には三か所(まだあるかも?)のカワヅサクラがあるようですが日当たり、風の影響などで開花は違うようです。愛知県立商業高等学校南にある東橦木公園には東区制100周年を記念してカワヅサクラ3本が植栽されています。他の場所より早く開花は三分咲きというところでしょうか。開花状況を見ながら他の場所も発信していきたいと思います。

DSC02760 DSC02761

この都会にもメジロが花の蜜を求めてやってきました。動きが素早くなかなか良いアングルにおさまりませんが、しばし可愛い姿を見せてくれました。(写真の上でクリックしてください。サイズが大きくなります)

DSC02756.jpg円形 DSC02753
DSC02752 DSC02749

町の情報 (No.9)

By , 2017年2月26日 2:20 PM

 

徳川園の梅と流し雛
早いもので2月も後2日を残すのみとなりました。日差しも強くなりいよいよ春到来というところです。あちこちで梅の便りも聞かれるようになり、徳川園の梅の開花の便りをお届けします。徳川園北東に位置する里山一帯の梅の木はまだつぼみ、又はちらほらの状態でした。「淋子梅」「白加賀」が植栽されていますが、日当たり、風当りなどの条件により開花も大きく違うようです。同じ徳川園内の北西にある「瑞龍亭」茶室の北に2本の紅梅、白梅がありますが風当たりも少なく、日差しをたっぷり受けて「白加賀」1本だけは八分咲き。カメラマンたちが盛んにシャッターを切っていました。青い空との対比はとても綺麗ですが梅はやはり桜に比べて地味でこの日本庭園にとても似合うのではないでしょうか。
2月26日は「流し雛」のイベントが企画され12時から先着150人の整理券を求めて親子の行列が出来ていました。竹筒を7,8cmに輪切りにしたものに(本来は厄を流すことから始まったといわれている流し雛)願い事を書いて龍仙湖に流す様子は日本古来の行事を思い出させてくれます。又茶室「瑞龍亭」の床には写真のようなひな人形が飾られています。

DSC02733白加賀全体 DSC02732枝先アップ
DSC02735白加賀枝 DSC02738梅アップ
流し雛祭り(この龍仙湖から雛を流す)
DSC02740龍仙湖流しひな DSC027311茶室ひな
DSC02739流しひな行列 DSC02742流し雛看板

町の情報 (No.6)

By , 2017年1月26日 9:38 PM

徳川園の冬牡丹
徳川園大曾根口を入ってすぐ右手には牡丹園があります。毎年4月中旬から5月初めにかけて見事な牡丹の花が咲き誇ります。この通常の牡丹の株の間にわら囲いをかぶった「冬牡丹」の展示が行われています。冬牡丹は「寒牡丹」とも違い春咲き品種を温室を利用して人工的に春の状態にして開花を早めたものです。新春になると温室から取り出した鉢を鉢ごと地中に埋め込みわら囲いを施したものです。青い長い茎と大きな緑の葉が豊富にあるのが特徴です。温度管理により「時期はずれ」を珍重する想いとわら囲いがさらに冬の風情をかもし出すようです。徳川園には18種70鉢の「冬牡丹」が1月2日から2月19日まで展示されています。これらの牡丹は日本一の産地と言われる島根県八束町大根島を主産地とした鉢植えを取り寄せて展示しているそうです。「島根大根島」この漢字を右から、左から読んでも同じ!これなら記憶にとどめて頂けるかも。
一方「寒牡丹」は人手を介さず自然の状態で自ずと花を咲かせます。自然のため開花しない花もありますが、晩秋から初冬にかけてと春に花を咲かせる二季咲きです。茎は細く短く葉はほとんど出ません。出ていても赤っぽいものです。徳川園にも「寒牡丹」が数株あり、今はつぼみの状態です。通常の牡丹に先駆けて春の初めに花が咲くはずです。写真の上でクリックすると大きくなります。徳川園についてはこちらもご覧ください。

DSC02547徳川園入口 DSC02548虎仙橋
   黒門入口でお出迎えの「冬牡丹」の鉢植え    虎仙橋前でも「冬牡丹」の鉢植え
DSC02564牡丹園 DSC02553観仙楼
  南を向いてお行儀よく並んだ「冬牡丹」   龍仙湖北の高みに植えられた「冬牡丹」
DSC02551里山 DSC02569通常牡丹
  里山の梅の木根元に置かれた「冬牡丹」の鉢植え   わら囲いの間には通常の牡丹が開花を待っている
DSC02554五大州 DSC02563連鶴アップ
    五大州     連鶴のごとく花がつながっているよう
DSC02560黄 DSC02558八千代椿
   薄い黄色の 黄冠   淡いピンクの 八千代椿

 

町の情報 (No.3)

By , 2017年1月2日 4:30 PM

徳川園のお正月
明けましておめでとうございます。今年も東区の見どころ、情報をお届けするため東区を歩きます。「東区を歩こう!」を今年も引き続きご覧ください。
今日1月2日は「徳川園のお正月」のイベントとして特別開園が行われました。午前9時半から福引とお汁粉が先着300名に振る舞われましたが、10時15分頃にはチケットは終了となっていました。暖かい日差しに誘われて来園者も多かったようでした。11時からは龍門の瀧前で愛知商業高等学校・弓道部による「射初(いぞめ)式」が行われました。弓道着の部員達が一人一人15m先の的に向かって2本づつの矢を放ち、今年の初射ち披露となりました。又1月8日(日)に行われる「新春漫才」のデモンストレーションとして、徳川園内あちこちで漫才が演じられました。
園内では「冬牡丹」展示が2日から2月19日まで展示されます。促成栽培された牡丹がわら囲いの中に収まって南向きの太陽を浴びて新春の庭園を華やかに彩っています。なお、徳川園は3日は休園、4日から通常開園です。

dsc0242411%e5%86%ac%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3 dsc02422%e5%b3%b6%e5%a4%a7%e8%87%a3
 1月2日から展示された冬牡丹  島大臣という品種
dsc02427%e5%bc%93%e9%81%93%e9%83%a8 dsc02434%e7%94%b7%e5%ad%90%e5%bc%93%e9%81%93%e9%83%a8
「龍門の瀧」前の橋で部員の紹介  男子弓道部員による披露
dsc02435%e5%b0%be%e5%bc%b5%e6%bc%ab%e6%89%8d%ef%bc%91 dsc02438%e5%b0%be%e5%bc%b5%e6%bc%ab%e6%89%8d%ef%bc%92
龍門の瀧の近くで尾張漫才のPR   1月8日をお楽しみに!

花のある街路樹

By , 2016年4月26日 10:24 PM

ヒトツバタゴの街路樹 桜通り久屋町から小川町、車道
桜通り久屋町から東へ高岳、小川町交差点、さらに東へ行った車道辺りまでヒトツバタゴの花が満開です。満開時の現在まるで全体に雪が降り積もったように見えます。ヒトツバタゴはモクセイ科、花弁は1,5cmくらいで4裂し、雌雄異株落葉高木でトネリコ(別名タゴ)に似ておりトネリコが複葉に対して単葉(一つ葉)であることからこの名があります。別名ナンジャモンジャとも呼ばれ、昔名前が分からないものをいう時使われ現在至っているといいます。日本では対馬、岐阜県東濃地方の木曽川周辺、愛知県の丘陵帯の山林にに自生し、飛び離れた生息分布域をもち環境省のレッドリスト(2007、絶滅のおそれがある動植物のリスト)にも入っている希少な植物です。
近年は街路樹に植栽されよく見かけることはできます。高岳交差点周辺のヒトツバタゴは地下鉄桜通線開通(1989年)の折、歩道整備が行われたおり植栽されました。愛知県犬山市池野西洞には国の天然記念物に指定された樹齢約300年のヒトツバタゴが自生しています。
★参考 インターネットより

桜通り高岳交差点
DSC01699高岳ナンジャモンジャ
DSC01710結婚式場前 DSC01711車道
 桜通り高岳交差点東へ200mの結婚式場「ビアンカーラ」  桜通り車道北側
DSC01705ナンジャモンジャ枝先 DSC01713拡大

花のある街路樹

By , 2016年4月20日 3:32 PM


ハナミズキの街路樹
 ナゴヤドーム西、大幸南1丁目

ハナミズキは最近あちこちの街路樹で見かけるようになりましたが、「カルポート東」、「ナゴヤドーム」西の南北の道路にもハナミズキが植栽されています。平成9年ナゴヤドーム球場建設と同時に北には「カルポート東」が出来ました。これは東図書館、東文化小劇場、東スポーツセンター、市民ギャラリー矢田からなる文化とスポーツの総合施設です。これら建設の折、西に整備された道路の両脇にハナミズキが植えられピンク、白がとてもきれいです。20日撮影の写真ですが、青空に映えています。

ナゴヤドーム南
DSC01602歩道橋
ドーム DSC01603ドーム

Panorama Theme by Themocracy