Category: 黄葉を訪ねて

紅葉を訪ねて (続No.7)

By , 2016年12月22日 5:28 PM

料亭「香楽」のドウダンツツジ 主税町三丁目3

紅葉はすっかり終わったと思っていましたが、主税町にある料亭「香楽」のドウダンツツジが今年最後の紅葉と頑張っているようでした。門を入った左手は盛りを過ぎていましたが、右手のドウダンツツジはまだまだ見応えあります。春には白いスズランのような白い花を咲かせ、これも綺麗なものです。ドウダンツツジは「満天星躑躅」と書くようにまさに白い満天の星のような花を咲かせるからと思っていましたが意味は少し違うようです。花は枝分かれし、垂れ下がる様子が、結び灯台の脚部と似ており、そのドウダンから転じたものということです。これを知って名前の言われを思い違いしていることを学びました。
香楽は明治34年に建てられた住宅を買い取り、戦後中区より移転して高級料亭として営業しています。「香楽」のドウダンツツジは随分、樹齢のある巨木でこのような立派な木をなかなか見ることが少ないようです。
写真は12月22日撮影です。

dsc02413%e9%a6%99%e6%a5%bd dsc02414%e3%83%89%e3%82%a6%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%84%e3%83%84%e3%82%b8

紅葉を訪ねて (No.6)

By , 2016年12月7日 9:31 PM

徳川園の紅葉 その4
徳川園の紅葉はまだまだ見頃です。龍仙湖周辺は日当たりが良いせいか、見頃は過ぎているようです。山の風景と言われるスタジイなどの照葉樹の茂る一帯は樹木に覆われ、日差しも少なくモミジの色づきも徳川園では一番遅いようです。ここには葉が小さく切り込みも深い山モミジという品種が沢山植栽されて、よく観察するとイロハニホヘトと数えられる7枚に分かれている葉を多く見かけます。イロハもみじと言われるのはそのためです。山の風景は徳川園南にある「黒門口」から入園、「虎仙橋」を渡り石段を下ります。この橋の下にある「虎の尾」というせせらぎに沿って「大曾根の滝」へ。この「大曾根の滝」は落差6mの人工の滝ですが12月に入って紅葉が真っ盛りとなり深山幽谷の世界を漂わせています。紅葉祭りは11日迄です。

dsc02368%e9%be%8d%e9%96%80%e3%81%ae%e6%bb%9d dsc02378%e8%99%8e%e4%bb%99%e6%a9%8b%e3%81%8b%e3%82%89%e9%be%8d%e4%bb%99%e6%b9%96
  黒門口から龍仙湖を見る   虎仙橋から左手に龍仙湖
dsc02371%e8%99%8e%e4%bb%99%e6%a9%8b dsc02370%e8%99%8e%e3%81%ae%e5%b0%be
  虎仙橋、この下が虎の尾というせせらぎ   左はせせらぎ虎の尾、虎仙橋から見下ろす
dsc02366%e9%80%86%e3%81%95%e3%83%a2%e3%83%9f%e3%82%b8 dsc02364%e5%a4%a7%e6%9b%be%e6%a0%b9%e3%81%ae%e6%bb%9d
  大曾根の滝手前の橋、せせらぎに映る逆さモミジ   大曾根の滝、午後は太陽に当たり映える

紅葉を訪ねて (No.5)

By , 2016年12月4日 9:21 PM

桜通りのイチョウ
小川町から車道に至るまで中央分離帯と歩道に沢山のイチョウの木が植えられています。イチョウの木も年ごとに育ち立派な街路樹となっています。9月末にはギンナンがあちこちに落ち、歩道を埋めていました。11月からはイチョウの葉がまっ黄色となり黄葉の季節を迎えました。イチョウは黄ですから黄葉とした方が良いのかも。12月に入っても葉はまだまだ残り素晴らしい景観を見せています。この光景も雨、風に会えばすっかり葉を落としてしまうことでしょう。今年の見納めです。

dsc02354%e6%a1%9c%e9%80%9a%e3%82%8a%e3%82%a4%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6 dsc02356%e3%82%a4%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6%e8%90%bd%e3%81%a1%e8%91%89

紅葉を訪ねて (No.4)

By , 2016年11月29日 12:02 PM

禅隆寺の紅葉(飯田町36)

禅隆寺
禅隆寺は臨済宗妙心寺派の寺で京都妙心寺の末寺です。元和9年(1623)、尾張初代藩主義直より寺地を拝領し、清須から観音堂を移築して創建されました。八代宗勝の生母円珠院、九代宗睦(むねちか)の生母英厳院の菩提所です。清須から移築した「観音堂」、「山門」は創建当時のものという。本堂前には枯山水の庭園もあり、紅葉の季節にはモミジの赤と苔の調和がひときわ綺麗です。禅隆寺の紅葉は東区でも徳川園に次ぐ紅葉の名所と言っても良いのでないかと思います。今年の紅葉は日陰においてはまだ緑っぽい葉もあり、もう少し見られるのではないでしょうか。
dsc02351%e5%ae%97%e8%88%88%e5%b1%b1%e7%a6%85%e9%9a%86%e5%af%ba dsc02350%e5%b1%b1%e9%96%80%e9%a1%8d%e7%b8%81
  宗興山禅隆寺と書かれた山門   山門右手のモミジが見頃
dsc02345%e7%a6%85%e9%9a%86%e5%af%ba%e5%8f%b3%e8%84%87%e7%b4%85%e8%91%89 dsc02348%e6%9c%ac%e5%a0%82%e5%89%8d%e7%b4%85%e8%91%89
  山門を入ると見事な紅葉   本堂前には枯山水の庭園

紅葉を訪ねて(No.3)

By , 2016年11月25日 9:56 PM

徳川園の紅葉・ライトアップ その3
徳川園夜間照明も27日迄となりました。紅葉はしっかり色づいて最高の見頃を迎え、ライトアップに映えていました。今日25日は風もほとんどなく水面に写る逆さモミジも見事でした。夜間の撮影は特殊なカメラと技術がいるようで、その美しさを存分にお見せ出来ませんが、雰囲気だけはお伝えできるのではないでしょうか。写真の上でクリックしてアップで見て下さい。

%e5%a4%a7%e6%9b%be%e6%a0%b9%e5%8f%a3 dsc02307%e7%91%9e%e9%be%8d
 北にある大曾根口門に架かる提灯  茶室瑞龍亭のライトアップ
dsc02304%e9%be%8d%e4%bb%99%e6%b9%96 dsc02317%e7%91%9e%e9%be%8d%e4%ba%ad%e5%b1%b1%e8%8c%b6%e8%8a%b1
 龍仙湖と言われる大きな池に架かる橋の手前  茶室瑞龍亭、山茶花の生け垣前の陶器の行灯
dsc02323%e3%81%a8%e8%99%8e%e3%81%ae%e5%b0%be dsc02324%e7%b4%85%e8%91%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97
 虎の尾せせらぎ道に並べられた「夢あかりん」行灯  見頃の紅葉、ライトに照らされて

紅葉を訪ねて(No.2)

By , 2016年11月20日 7:42 PM

徳川園の紅葉 その2
徳川園の紅葉もいよいよ見頃を迎えました。今日は日曜日、地元新聞地方版にも紹介されたことから大勢の見物客が訪れていました。樹木に覆われた「山の風景」と呼ばれているところは紅葉はまだのようです。龍仙湖と呼ばれる池の周りの紅葉は日当たりが良いので真っ赤に色づき、写真を撮る人が後を絶ちません。夜間開園(午後8時迄)、又ライトアップとは別に織部焼などの陶器や竹製の行灯を使って園路を照らす「紅葉灯りみち」が11月27日まで催されます。順番に色づいていくので何回訪れても良いのではないでしょうか。徳川園の紅葉はまだまだ楽しめます。詳しい案内はこちらからご覧下さい。

dsc02209%e5%a4%a7%e6%9b%be%e6%a0%b9%e5%8f%a3 dsc02195%e7%91%9e%e9%be%8d%e4%ba%ad
大曾根口と呼ばれる、北にある入口を入って右手。 龍仙湖に架かる橋から茶室「瑞龍亭」を見る。
dsc02199%e8%99%8e%e3%81%ae%e5%b0%be%e5%b0%8f%e9%81%93 dsc02201%e5%a4%a7%e6%9b%be%e6%a0%b9%e6%bb%9d%e5%85%a5%e5%8f%a3
 「虎の尾」と呼ばれるせせらぎの小道に行灯が。  「虎の尾」の奥にかかる橋のたもとの紅葉。
dsc02211%e8%99%8e%e4%bb%99%e6%a9%8b dsc02202%e7%b4%85%e8%91%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97
 「黒門口」と呼ばれる南の入口からすぐの虎仙橋。  アップの紅葉も緑と良く融合して綺麗です。

Panorama Theme by Themocracy