名古屋陶磁器会館

By , 2010年9月13日 6:58 PM

◎名古屋陶磁器会館

  昭和7年(1932)、名古屋陶磁器貿易商工同業組合の事務所として竣工した鉄筋コンクリート3階、地下1階の建物です。玄関右側の大きな半円窓、軒下の装飾、外壁はスクラッチタイル貼りとなっています。現在1階はギャラリー、絵付け教室として利用されています。会館南庭には当時組合会長であった井元為三郎の胸像があります。
2010年9月から12月末まで耐震工事と外壁の化粧が行われ綺麗に甦りました。
     

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy