建中寺徳川家霊廟

By , 2010年9月6日 8:39 PM

 徳川家霊廟は建中寺創建以来尾張徳川家歴代の廟所となった。現存の霊廟は本堂の背後に続いて建ち、木曽ヒノキによる権現造り、格天井、漆塗りで極彩色を施している。非公開であるため写真を掲載できませんが、指定銘板は本堂にある阿弥陀如来の前に置かれていました。
昭和35年 6月2日指定

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy