12月 01

■数字から見る愛知県の交通事故防止のポイント(12月)

■歩行中死者が年間で最も多い12月!
過去5年間の愛知県における交通死亡事故状況を見ると、・・・

12月の歩行中死者の特徴
○日没から夜間かけて、道路横断中に多数被害
○夜間の被害者は9割以上が黒っぽい服装、反射材の着用なし
○夜間は、左から来る車と衝突することが多い

12月は、年間で最も死亡事故が発生する月です。
特に歩行中死者が多く、夜間におけるドライバーの見落としが主な原因となっています。
夕方以降に徒歩で外出する際は、ドライバーから発見されやすい、明るい服装や反射材着用をお願いします。

■情報配信
交通総務課

元の記事を読む(提供サイト)

Comments are closed.

preload preload preload