2月 17

本日の♪ハーモニー♪は、

4組5人のお子さんが来てくれました。

2歳児さん3人っで皆男子。

1歳児さんは女の子。

そして、

小さな、小さな、赤ちゃんでした。

♪春よ来い、早く来い♪って、

感じですよね。

もう寒いのに飽きちゃった。

よね。

今日も、

カメラ小僧が私のカメラを見つけて、

貸してあげたら。。。

なかなかの写真を撮られました。

2

ちょっとピンボケですが、

アングルがいい。

ママたちも、

カメラ小僧がかわいいのでしょう。

なかなかの笑顔で写っていますね。

1時半、

みんなが帰った後、

月1のスタッフ会議に移ります。

結構真面目に、

毎月会議をしています。

お菓子食べながらですが・・・。

こんな感じでやっている会議です。

3

今日は、

夕刊の記事をみんなで読み合わせして、

話し合い。

1

◆市場原理導入は公教育崩壊招く

と題して、

土佐町議員の鈴木大裕氏のメッセージ。

詳しくは、

こちらのURLにクリックしてください。

https://www.chunichi.co.jp/article/feature/anohito/list/CK2020021402000242.html?fbclid=IwAR3E6yrnREuHbG1nJOebyaVNbHGisdS_eZVAOkI656q0JmeEWyZs2TxpD_ohttps://www.chunichi.co.jp/article/feature/anohito/list/CK2020021402000242.html?fbclid=IwAR3E6yrnREuHbG1nJOebyaVNbHGisdS_eZVAOkI656q0JmeEWyZs2TxpD_ohttps://www.chunichi.co.jp/article/feature/anohito/list/CK2020021402000242.html?fbclid=IwAR3E6yrnREuHbG1nJOebyaVNbHGisdS_eZVAOkI656q0JmeEWyZs2TxpD_o

これは、

小さなお子さんを持つ親御さんにも、

ぜひ考えてもらいたい内容です。

人間の価値は?

今の教育は?

子どもたちに大事にしてほしいことは?物は?

日本の未来にもかかっているものだと。。。

元の記事を読む(提供サイト)
2月 10

2月に入って、

寒くなりましたね。

今日は、初雪だとか??

さて、

♪ハーモニー♪は、

5組6人のお子さん。

1組は、初参加で見学です。

男の子で、電車に夢中。

今日は、

電車のタイヤについての研究だったのでしょうか、

自分の位置を、

微妙に変えながら、

下をのぞき込んでいます。

2

電車の窓から見える車内も気になるようで、

一生懸命態勢を整えながら研究していました。

5人はリピーターさんです。

4人は女の子。

以前は男の子ばっかりだったのに、

ここんところ女の子率が多いのです。

そしてもう一人の男の子は、

しゃれたシャツだなっと思ってよく見ると、

後ろ前逆かな?

3

そう思ってお母さんを見ると、

自分できたので、尊重したのだそうで、

そうですね。

私たちも、

それでよし!!

一個ずつできることをほめながら、

まだまだのところも認めながら、

お子さんたちとおしゃべり楽しんでいます。

元の記事を読む(提供サイト)
2月 03

2020年2月です!!

今日は、節分。

恵方巻を食べましたか?

♪ハーモニー♪は、

3組4人のお子さんが遊びに来てくれました。

みんな今年2歳になったお子さん。

空気のように遊んで、

それでも、

少しずつ、

自分が出てきましたので、

物の取り合いもするようになってきました。

心配してお母さんが止めに入ったりますが、

まあ、

少しやってもらいましょう!!

泣くもよし、

あきらめるもよし、

一人っ子が多い昨今、

自分の思う通りならないことを知る機会でもあります。

2歳児さん、

絵本も大好きです。

でも、どんな絵本が好きかわかんないですよね。

♪ハーモニー♪には、

小さな本棚があります。

1

リサイクルや、

寄付の絵本があります。

アンパンマンの絵本が人気でもありますが、

色や絵を見て選んでくる子もいました。

お母さんやスタッフに絵本を読んでもらうと、

おもちゃで遊びだし、

また、絵本をとってくる。

そんな時間が過ぎていきました。

元の記事を読む(提供サイト)
1月 27

知る人ぞ知る情報をお伝えします。

お弁当でお世話になっているジゼルさんの、

恒例「豆まき・お菓子蒔き」は、

2月2日(日)午後2時から、

ジゼルさんの駐車場で行います!!!

元の記事を読む(提供サイト)
1月 27

今日のお天気は曇り空。

お昼から降るかもしれないということで、

何人来てくれるかな?

なんて、

スタッフと話をしてたら。

4組の親子さんが来てくれました。

その中に、

新人5か月のお子さんとお母さんが来てくれました。

向かいに住んでいるリピーターさんが、

誘ってくれたんです。

ありがとう!!

4

よく見ると、

5人とも女の子。

少し前までは、

男の子ばっかりだったんだけど。

巷では、

インフルエンザ。それもコロナウィルスが心配ですね。

手洗いしっかりやりましょうと、

スタッフが、

手洗い表を持ってきてくれましたので、

お母さんと一緒にやってみました。

1

「参加者より、スタッフが多い」♪ハーモニー♪。

話題に尽きなくおしゃべりがはずみます。

幼保の無償化、

固定資産税、

壁のメンテナンス、

雨が降る前にお別れできました。

元の記事を読む(提供サイト)
1月 06

あけまして、

おめでとう

ございます。

2020年。

今年はねずみ年。

良い年になりまちゅように

今日は、

2020年初の♪ハーモニー♪でした。

2組の親子さんとスタッフで、

にぎやかな時間を過ごすことができました。

1

お子さんたちは、

年末年始を過ごして、

少し大きくなったようです。

カメラを向ける男の子は、

3

静かにブロックを遊びをして、

作品をつくり上げました。

2

2歳半の男の子ですが、

一人黙々と作業をしていました。

こんな時間も大切にしつつ、

大人は大人でおしゃべりしながら、

お土産をほおばりながら、

時を過ごすのでした。

元の記事を読む(提供サイト)
12月 17

正式な講座の名称は・・・
「災害時、乳幼児にしっかり栄養を与えるためにどうしたらよいか、考えてみませんか。*意外と知らない母乳やミルクの話*」です。
東区社会福祉協議会の赤い羽根共同募金応援助成金をいただき、2回目を開催しました。

チラシ

今回は葵コミセンでの開催。
平日での開催ですが、
東区総務課の防災担当や社協の職員も参加くださいました。
また、託児の依頼も3組ありまして、下根期のお母さんも参加。
後は子育て支援者や助産師さん、など16名の参加となりました。

2

・アンケート感想を掲載します。
〇母子に対する防災の必要性を特に強く感じました。今までは、食料や高齢者に対することに関心がありましたが、やはり声の小さな(赤ちゃんを育てる)母親に対して、もっと、支援していかなくては、子どもたちへの援助もかなわないのではと思われます。

〇液体ミルクがあれば大丈夫と思ったが、母子を守る環境にしっかりと支店をおくことが必要だとわかった。現実に、名古屋はやっていけるのかな。まず、住んでいるマンションから。

〇災害時の乳幼児の栄誉について、平時の栄養方法をそのまま継続できるための支援の在り方が、大切ということがよくわかりました。具体的には、どのように支援していけばいいのか・・・。個人では難しいので、所属施設や近隣の医療施設や地域ネットワーク、行政…普段から交流を持ち、互いに知りあって話し合いたいです。

〇2回目ですが、新しい情報をいただきました。常に視点が弱者に向いていた梨、避難所での生活で困ったり、気づかないことを聞くことができ、次の対策につながれる情報を発信する大切さを知りました。ありがとうございました。

〇看護学校時代から変わった(更新されている)こと、忘れていることもあったので、自身がアップデートされました。私自身は母乳のみの育児だったので、液体ミルクはもちろん、粉ミルクをあげたこともほとんどないので、あまり考えたことはなかったけれど、半分のお母さんは、ミルクなしではいられないと知り、知識として加えたいと思います。特に、メリット・デメリット、正しい母乳の知識など、情報をもって最後には「お母さんが選択」できる様に、相談相手くらいにはなれる様にしたいです。

〇子育て世代がすっかり終わったため、全く液体ミルクのことは知らなかったです。また、粉ミルクのことも間違って使っていた様に思います。今日学んだことを有事の時に、避難所で役立てるよう、何かお母さんたちの力になれるようになりたいと思います。災害についても、しっかり対策をしたいと思います。実際に避難グッズを見せてもらって、とてもイメージがつきました。「おいしいおかゆ」からそろえなおします。なかなか母乳や液体ミルク、そして防災の事を考える時間がなかっただけにとても貴重な時間となりました。いろいろな視点から考えていきます。ありがとうございました。

〇親子さんの母乳化混合か人工乳のみか、それを知ったうえでの支援が必要であり、母乳の方に安心できる環境を整え、母乳が続けられるように力を尽くす。母乳が出なくなるのは、一時的であることを知ることができたのはよかったです。いつ起こるかわからない南海沖、台風等による水害に向け、他の地区での被災状況を考えるたびに、持つ出し袋、家での対処品など、増やし考えてきました。ただ、各家庭での違いもあり、いろんな人と工夫したところを話し合う機会はとても大切だと思いました。とても勉強になりました。ありがとうございました。

〇おっぱいの仕組みについてのお話は、初耳なことも多く、とてもためになりました。災害時にも、不安がらず、たくさん吸わせてください!!と伝えていこうと思いました。

〇液体ミルクについて、あまり理解してなかったが、今回、災害時の備蓄に絡ませてよく理解できた。災害について、つい他人事のことのように思ってしまいがちだが、自分自身の家庭の災害対策をしっかりしなければと思った。

〇自分は母乳育児をしているので、ミルクのことをよく学べてよかったです。同じ子育てのママたちにも学んだことを発信していきたいです。託児も助かりました。ありがとうございました!

〇母乳のパワーが素晴らしい。腸の働きを助ける。いろいろ、素晴らしい話を聞いて良かった。おかゆを変えました。孫たちの好きな菓子も入れてあります。

元の記事を読む(提供サイト)
12月 04

お天気はまずまずでしたが、

やっぱり、お寒くなりましたね。

今日の参加は、

2歳児さん3人。

1歳児さん1人です。

第1水曜日は、

プチイベントの日。

今日は、

ウクレレを弾いてみました。

4

5

まだまだの腕ではありますが、

まず、第1曲目は、♪パプリカ♪

ポロンポロンと、

奏でるまったり感。

でも、

2歳児さんは踊りだします。

先日、テレビでもやっていました。

スーパーでパプリカが流れると、

幼稚園児さんは、

ほとんど踊るそうです。

その踊りに助けられながら1曲目が無事に終わり、

そのあと、

習いたてのスピッツ♪チェリー♪を。

お母さん、みんなが歌いだす!!

これまた素晴らしい。

そして、

♪ぶたくん街道をいく♪

♪あわてんぼうのサンタクロース♪

をみんなで歌い、

♪ムーンリバー♪と♪少年時代♪をさわりだけ。

最後に♪あめふりくまのこ♪を。

そしてランチです。

こんな日もあっていいですよね。

次は、

もう少し腕が上がっているかしらん。

聴いてくれてありがとう。

元の記事を読む(提供サイト)
12月 02

今年も12月になってしまいましたね。

残すところ1か月切りました。

2日の♪ハーモニー♪は、

雨が降っていたにもかかわらず、

4組5人のお子さんが来てくれました。

お湿りも大事だね。

お母さんは、

雨の日も、

傘さしながら、

お子さんは、

長靴はいて、

おっちら、こっちら、

来てくれたんだね。

ありがとう!

♪ハーモニー♪では、

クリスマスをお祝いして、

スタッフが作ってくれた折り紙リースに、

みんながシールを張って、

華やかにしてくれましたよ。

2

こんな風に飾りつけしてもいいですね。

元の記事を読む(提供サイト)
12月 01

正式な講座の名称は・・・

「災害時、乳幼児にしっかり栄養を与えるためにどうしたらよいか、考えてみませんか。*意外と知らない母乳やミルクの話*」です。

東区社会福祉協議会の赤い羽根共同募金応援助成金をいただき実現しました。

チラシ

12月1日は、

矢田コミセンを会場に、午後1時半から開催しました。

参加数は9名でしたが、

お話の内容は、

まったくもって、目からうろこばかり。

参加された方のアンケートからの感想は、

どれも有意義なものばかりでした。

次回は、

12月17日(火)葵コミセンにて、

13時半から開催します。

アンケートの感想を掲載します。

〇あまり液体ミルクが何かよくわからないので、大変勉強になりました。

〇(災害時)液体ミルクを実際に供給するときには、衛生的に消毒できる環境にないことを気づかされました。紙コップを使用することは驚きです。また、母乳育児を継続するためには、液体ミルクを欲しいという方に配給するだけではだめなのだと気付きました。避難所での母乳育児を支援するためには、こちら側が母乳のことをよく理解しておかなければいけないと実感しました。

〇母乳育児をしている自分にとって、液体ミルクについての知識を知れたこと、メリット、デメリットを含め、母乳の大切さをつくづく感じました。大人と違って赤ちゃんは、1か月違うだけでどんどん成長し変化するため、こまめに必要なものを準備しなくてはいけないことを、自分自身もほかの親御さんも、もっと知っておかなくてはいけないなと思いました。

〇ぼうさい国体の時、液体ミルクをつくっているメーカーの人がしきりにメリットを伝えていて、参加していた助産師さんが、「誰かとなく液体ミルクを与えないで」と言っていた意味が、今日、ようやくわかりました。子育て支援の場で、正しく伝えられるようにしたいと思いました。現実的に、避難所で粉ミルクや液体ミルクを手渡す担当は誰になってしまうんだろう?その人に正しい知識はあるのだろうか?それを伝えるのが、私なんですね!!

〇”液体ミルク”とは、を知りたくて参加しました。わかりやすく話していただき良かったです。

〇まず、大事なことは、完全母乳・混合・(粉・液体)ミルクのみ、で赤ちゃんを育てているお母さんたちがいるわけだから、それを尊重しながら、災害時、どう支援をしていくかを考える。そして 母乳に関しては、免疫力に優れており、感染症になりにくいことを考えると、できるだけ母乳を与えられる環境を整えることが大事だということがわかりました。そのうえで、ミルクに頼っているお母さんには、ミルクのデメリット(コスト、保存期間、衛生面など)も伝えて自分たちでも備蓄しておくことを進めていく。
現役のお母さんが、完全母乳の自分は、液体ミルクが配られても、アレルギーが出るかもしれないと考え、与えていいのか心配である。と言われました。もし、物資として贈られた時は、公平に与えないで、ミルクを必要とするお母さんたちに届くような配慮が必要で、運営者はもちろん、サポートする側が、一人一人のお母さんと赤ちゃんにヒアリングする丁寧さが必要だということだとわかりました。最後に、学区として、液体ミルクを備蓄しないということなら、その情報をきちんと流して、現役の親御さんたちが自分自身で対処するようお願いする。ということも大事ですね。

元の記事を読む(提供サイト)
preload preload preload