10月 31

東区では、

毎年、

11月3日(祝)文化の日に、

イベント「歩こう文化のみち」を開催しています。

名古屋市HPをご覧になると、

「名古屋城、市役所本庁舎から徳川園までの歴史的建造物が集まる文化のみち一帯を歩きながら、コンサートやガイドツアーなどのイベントを楽しむものです。抽選で素敵な景品が当たるスタンプラリーも行っています。」

と記されています。

また、

「文化のみち」とは、

名古屋市のHPから

「名古屋の近代化の歩みを伝える歴史的な遺産の宝庫ともいえる名古屋城から徳川園に至る地区一帯を「文化のみち」として育み、イベントの実施や、貴重な建築遺産の保存・活用をすすめています。」

と記されています。

東区に住んでみえる方も、

住んでいない方も、

文化の日の祝日を

のんびりと、

歩きながら、

東区の魅力を発見してもらえると思います。

ベビーカーをひきながら、

抱っこしながら、

手をつないで歩きながら、

親子で楽しんでみてください。

チラシの拡大図は、こちらまでリンクしてください。

元の記事を読む(提供サイト)
10月 29

平成23年10月28日(金)、

主任児童委員として、

「なごやこどもサポート東区連絡会議小委員会」に

参加してきました。

平成23年度第3回目となります。

小委員会は、年4回開催です。

本会議は、年に1度9月に開催し、

構成メンバーが全て集まりますので、

40名になります。

「小委員会」は、

縮小されており、

構成メンバーは、

区役所民生子ども課職員、

子ども家庭相談員、

助成福祉相談員、

保健所、

東保育園(幼稚園の場合もある)、

小学校と中学校PTA会長代表

弁護士さん、

NPOからCAPNA(虐待専門のNPO )のスタッフ、

主任児童委員は、

学区半分の4学区1人ということで、4名の参加です。

1時間あまり情報交換や意見交換をしました。

名東区で、

中学2年生男子の虐待事件が起こりました。

14歳の「いのち」が奪われ、

本当に、

本当に、

二度と、

二度と、

このような事件が起こらないように、

サポート会議の役割を考えていかなければと思います。

最後のほうで、

他の学区の主任児童委員さんが、

人と人がコミュケーションをとる最初の第1歩は、

顔を合わせて知り合いになることだと言われました。

このサポート会議でも、

「はじめまして」という関係があります。

意見交換をしながら、

顔を覚えてもらい、

名前を覚えてもらい、

知り合いになっていくことが最初の1歩かもしれません。

主任児童委員になって、

主な役割としては、

0歳から3歳までの親子さんのサポートが多く、

園児・小学生・中学生の子どもさん親子さんと

なかなかつながりがありません。

わたしの最初の1歩は、

小学校・中学校に行って、

顔を知ってもらうことから始めることだと心しました。

それから、

名古屋市が、

児童虐待防止策として、

「地域ボランティア育成」を行うと発表しました。

募集は来年1月です。

たくさんの方が関心を持ってくださるといいなと。

ただ、

主任児童委員や民生委員とともに、

どのように連携をし、

活動していくか、

行政の腕の見せ所です。

今の日本社会は、

世界の中でも、

子どもや、

子育てに関心が薄いといわれています。

「いのち」の誕生を祝福し、

子育てしている親たちを祝福するとともに応援し、

子どもを優しいまなざして見守る

という風潮になっていかなくてはと、

思います。

「みんな、昔は子どもだったじゃない。」

というノリで!!!

元の記事を読む(提供サイト)
10月 27

10月26日(水)午後1時半から、

名古屋市芸術創造センターで、

東区小中学校連合音楽会が行われました。

主任児童委員という立場で、観にいってきました。

(本当は、毎年観にいきたいんだけど、卒業してしまうと行きづらいのです)

最初は、

担当学区の小学校と中学校を聴けばいいかなと思っていましたが、

プログラムを見ると、そうはいかなくなりました。

結局最後まで観てきました。

私も東区出身なので、連合音楽会に出演したこともあります。

2人の娘たちも、

金管合奏、合唱、ガムラン演奏などで、

計7回出演しています。

その懐かしさもあるのか、

他の学校の歴史も垣間見ることもできました。

器楽合奏を張り切って指揮していた女性の先生も、

ブラスバンド部のコスチュームで

演奏していた小学校も3校なくなりました。

東区は、

子どもの人口も少なくなり、

小学校の部活として、

金管バンド部や吹奏楽などがありましたが、

ひょっとして、無くなったかもしれません。

寂しいですね。

内容は、

中学校4校は合唱。

小学校は、

合唱2校、金管合奏2校、器楽合奏2校、吹奏楽1校、リコーダー合奏2校

となっていました。

各学年選抜で、日々練習をこなして、

今日の出演となったんだと思います。

1つの学校だけ、

舞台に入ってくるときに、

姿がひと回り小さい子どもたちでした。

3年4年生が全員参加していたようです。

中学生のお姉さん・お兄さんの合唱に比べて、

声もかわいらしい子どもの声です。

元気よく「ありがとう」(いきものがかり)を手話つきで歌いました。

その歌声に涙です。

とにかく、小さい子どもたちが一生懸命やっている姿は、

なんだか感動して涙が出てきます。

歳のせいです。

♪コパカパーナ♪の打楽器ボンゴに魅了いたしました。

♪アメリカンシンフォニー♪は、娘が高校の吹奏楽で演奏した曲。

あっという間に演奏が終わり、

最後は、みんなで合唱です。

♪歌よありがとう♪

娘たちが出演するときにも歌った歌です。

いつも一緒にお風呂に入って練習しました。

ハモルんですが、なかなかうまくいかなくて、

「お母さん、へた!!」

ってよく怒られました。

でも、懐かしくって、

やっぱり涙がうるうるです。

♪歌よありがとう♪の歌詞の中に、

♪歌はぼくたちの心の中に

♪友だちのようにやさしく

♪いつもそばにいるよ

(出だしの3行です。)

特に合唱曲は、

子どもたちが小中で歌い、

親の心の中にも、

そのときの記憶とともに残っているものです。

歌に限らず、音楽っていいものですね。

子どもたちも素晴らしい!!

ブラボー!!

元の記事を読む(提供サイト)
10月 26

10月26日(水)。

今日の参加者は、

2組でした。

1歳2ヶ月の男の子。

1歳半の男の子。

4月と8月生まれの同級生でした。

二人が顔を合わせると、

(初対面ですよ。)

「ああーああー(通訳:おお、友よ。ここにいたのか。)」

と一人が指をさせば。

「おおーおおー(通訳:おお、友よ。会えてうれしいよ。)」

と、笑顔で応える。

二人の姿が、

とてもほほえましく感じました。

もちろん、

まだまだ、

一緒に遊べることはできませんが、

お互いの存在はわかっていますから、

同じことをしたり、

一人が手をたたけば、

もう一人もたたく。

手遊び歌を歌えば、

一緒になって歌ってくれました。

ごはんもいっぱい食べたね。

ありがとう。

昨日まで汗ばんでいたのに、

今日は、

少し肌寒い日なりましたね。

もう11月ですもの。

当たり前ですよね。

気温の高い低いが激しいので、

お子さんももちろん、

お母さんも体調をくずさない用に気を気をつけてくださいね。

元の記事を読む(提供サイト)
10月 26

10月24日(月)の♪ハーモニー♪は、

3組の参加がありました。

いつものとおり、

遊んで、

食べて、

絵本を読んで、

楽しかったね。

また来てね。

そして、

午後からは、

毎月1回のスタッフ会議を行いました。

会議とは堅苦しいですね。

「情報共有の場」とでも言いましょうか。

どんなことをしているか。

少しご紹介しましょう。

まずは、

今月の参加者の状況(いつ何組来たか)を確認し、

スタッフのシフトを確認し、

気づいたことの報告や事務連絡をした後、

新聞の切抜き、

子育て関連の冊子や雑誌の切り抜き、

メディアで聞いていい話、

個人的に受講してきた講座の資料、

などを持ち寄り、

今の子育て応援・支援をどうしていくのがいいのか、

子どもの発達について、

親の子どもの接し方、

スタッフが親子をどう応援するか、

また、一人の人間としてどう応援するのか、

虐待が起こるメカニズムや、

などを、話あっています。

もちろん結論や答えなど見つからないけれど、

スタッフと、

迷い迷い、

光を見つけながら、

共有していく時間として、

とても大切にしています。

今回は、

先回のブログでもご紹介した

「こどもの権利条約」や「コルチャック先生の考え」

を資料を元に、

説明をしました。

また、

NHK朝のテレビ番組アサイチ、

10月12日(水)放送の

「STOP虐待! ニルスの国のたたかない子育て」

が話題になりました。

スタッフの一人が、

録画をしていたので、

視聴しながら、

勉強会を進めていこうという話になりました。

また、

ゆっくりご報告いたします。

元の記事を読む(提供サイト)
10月 23

先日、

午前10時ごろだったかな。

コンビニで、

ハーモニーに来ていた親子さんに会いました。

新しい会場になって、

しばらく会っていませんでした。

「いやー。久しぶりだね」

「ホント、久しぶりです。なかなか、ハーモニーに行けなくて・・・」

と。

「何言ってるの。元気だったらいいのよ。」

「元気ですよ。」

「そう、お子さんも2歳になっら外で遊びたいよね。
行動範囲も広がって、お友達もできて、楽しかったら、それでいいのよ。」

と。

男の子に向かって、

「ねえ、おばちゃんのこと覚えてる?」

「・・・」

でも、にこっと笑ってくれた。

「きっと、覚えていてくれてるよね。」

「また、遊びに行きますね。」

「ありがとう。スタッフには、元気だったと伝えておくから。」

でも・・・

でも・・・・

もし心配事があったら、尋ねてきてね・・・

と、つぶやきながら、

手を振りました。

男の子も、

ニコニコ笑って、

元気よく手を振ってくれました。

ハーモニーは、

一応入園する3歳まででだけど、

(ホントは、いいのよ。何歳になっても来ていいのよ。)

ここで、

出会った親子さんと、

まちでばったり会ったり、

地域が同じだったり、

これからも、

関係していくんだと思っています。

だから、

ハーモニーのスタッフに、

偶然出会ったら、

どうぞ、

お声をかけてくださいね。

東日本大震災があって、

私たちは、

たくさんのことを学ばないといけません。

何かしらあると、

地域の結びつきが大切だと。

地域の絆が大事だと。

言っています。

言うのは簡単です。

行動に移すことが大切です。

ハーモニーで出会ったご縁を大事にして、

地域の中でも、

親子さんとの関係を大切にしていきたいと、

スタッフは、

思っています。

元の記事を読む(提供サイト)
10月 22

「山本馨 ソプラノコンサート」のご案内です。

1歳以上のお子さんは託児に預けることができます。

☆日時:2011年11月2日(水) 13:00開場 13:30開演

☆開場:東文化小劇場

☆全自由席 1000円

☆託児:1歳以上の未就学児 
申込先【NPO法人わが家流子育て応援団ふりあん9】051-719-0430
(申込は1週間前までに)

お問い合わせ先
東文化小劇場 TEL 052-719-0430

たまには、

お子さんを預けて、

音楽を楽しんでみては。

託児申込は1週間前まで。

なので、お早めに。

元の記事を読む(提供サイト)
10月 19

ここのところ、

あったかい日が続きますね。

今日、

10月19日(水)の♪ハーモニー♪の参加者は、

6ヶ月の男の子とお母さん1組でした。

11時ごろ、

体験したいとのぞいてくれました。

「今日は、まだ参加者さんがいないの。」

とつぶやくと、

「皆さん、多分、イオンナゴヤドームに行ってるんでは・・・」

と。

そうだ!!

そうだった!!

ドラゴンズが優勝したんだ。

それで。

イオンへ。

なるほど。

そんなわけで、

中日ドラゴンズの2連覇おめでとうございます。

体験しに来てくれた親子さんは、

一緒にランチを食べて、

帰られました。

ちなみに、

近所の多司というおにぎりやさんの

290円のお弁当です。

お米屋さんですから、

ごはんはおいしいですし、

290円っていうのは魅力ですね。

6ヶ月の男のは、

スタッフに抱かれて

食べているお母さんやスタッフを見ながら、

「いつか、ボクも食べるんだ!」

といわんばかりにしていました。

6ヶ月。

離乳食が始めるころですね。

どうぞ、

お子さんの食べる様子や、

ウンチ、

ご機嫌をみながら、

離乳食を進めてください。

元の記事を読む(提供サイト)
10月 17

今日、

10月17日(月)の♪ハーモニー♪は、

3組でした。

先輩お母さんに、

離乳食のことや、

母乳、お昼寝のことなどを、

聞いて、話が弾んでいました。

男の子を育てているお母さんたちは、

大変そうです。

そして、

参加者の中の夫さんが、

東区役所主催「イクメン講座」に

参加されたようです。

様子を聞くと、

参加者がたくさんいて、

会場の文化のみち 橦木館は、

満員だったそうです。

第1回目のテーマは、

たしか・・・・「ママの心をつかむパートナーシップ★」

いいな。

いいな。

どんな風に、

お母さんの心をつかんだことでしょう。

聞いてみたいな。

次回は、11月13日

読み聞かせの講座だそうです。

お問い合わせは、

東区役所まで。

東区が、

「子育て大好き父さんだらけ」

に、

なるといいな。

元の記事を読む(提供サイト)
10月 17

10月17日(月)。

学区のサロンの報告です。

今日は、

20組くらいの親子が参加してくれました。

いつものとおり、

布バルーンで、

「上から 下から 大風来い」

と、歌いながら、

布を上へ下へ。

ふわっとした布の感触を

感じでくれたかな。

そして、出席を取って、

10月生まれのお友だちに♪ハッピーバースデー♪を

と思ったら、

今日は、10月生まれのお友達はいませんでした。

そしたら、

10月生まれのお母さんが2人いたので、

特別に、

お母さんに歌っちゃいました。

「おめでとう」

そして、

ライアの演奏会をおこないました。

ライアとは、

千と千尋の神隠しで同じみの曲「いつも何度でも」で、

知られています楽器です。

静かな音色で、

とても、気持ちがほっこりしてきます。

♪となりのトトロ♪ ♪主よ人の望みのよろこびを♪

♪夕焼け小焼け♪ ♪七つの子♪

♪赤とんぼ♪ ♪もみじ♪ ♪いつも何度でも♪

全7曲演奏していただきました。

次は、大型絵本を読みました。

帰りがけ、

月齢の小さなお子さんのお母さんたちが、

4組輪になって、

携帯で連絡を交換し合っていました。

月に1度ですが、

サロン来て、

出会いがあって、

お友達になって、

そして、

その出会いが、

一生のお友達になるかもしれません。

元の記事を読む(提供サイト)
preload preload preload