8月 31

「東ねっと」から以下の情報を転記します!

********************

9月2日は、なごや市民総ぐるみ防災訓練の日です。

2日午前8時40分は、緊急防災情報メールに対応している名古屋市内の携帯電話へテスト配信があります。

マナーモードであってもアラーム音が鳴り、メール(緊急防災情報)の着信を知らせるものです。
名古屋市内と近辺の対応電話全部に配信されます。(この時間たまたま名古屋へ来た方も)

この時間にアラーム音を鳴らしたくない場合は、電源を切るか、あらかじめ設定を変えておくことです。
アラーム音は、普段の着信音とちがいます。聴いたことがない音がでて、びっくりするかもしれません。

2日午前8時40分です。知らない方へも教えてあげてください。

緊急速報「エリアメール」・緊急速報メール(名古屋市公式ページ)

ドコモ 緊急速報「エリアメール」のウェブサイト

au 緊急速報メールのウェブサイト

ソフトバンク 「緊急速報メール」について

元の記事を読む(提供サイト)
8月 31

最近の中日新聞から予防接種に関する記事を。(8月28日付)

「ロタウイルス ワクチン半額助成」 名古屋市、10月から実施

予防接種専用の相談窓口 972-3969
開設時間 9:00~17:30 (土日、祝日、年末年始除く)
名古屋市HPは、http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000034344.html

そして、もう1件

「不活化ポリオワクチン導入へ」接種の注意点は

名古屋市のHPは、http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000038494.html

元の記事を読む(提供サイト)
8月 29

8月29日(水)、

今日は、8月最後の♪ハーモニー♪です。

朝から、あまりいいお天気ではなく、

今にも降りそうで降りそうでない天気でしたね。

今日は、

3組の親子さんがきてくれました。

9か月と10か月の男の子。

1歳4か月の男の子。

リピーターさんです。

こんな感じで、過ごしていました。

でも、

この3人は、同級生なんですよ。

5か月違うと、

かたや、

歩くし、食事もするし、指さしもするし、拍手もするし、

何やら絵本を見ながらおしゃべりもします。

1歳前のお子さん2人は、

お座りができるようにはなりましたが、

つかまり立ちでも、バランス崩したら倒れるし、

離乳食を食べてはいますが、

まだまだ大人と同じものは食べれません。

それでも、

同級生になるのです。

赤ちゃんの1歳までの道のりは、

おねんねからたっちまで。

おっぱい・ミルクから、ごはんを食べるまで。

もちろんほかにも、できることがたくさん増えてきます。

1か月1か月の差がとても大きく感じられます。

2歳、3歳までもそうですね。

でも、

その差がだんだん縮まってきます。

そして、

同級生となって、

幼稚園や保育園、小学校で、

同じお部屋で同じように過ごしていくのです。

不思議ですよね。

できるできないに、

一喜一憂してしまいますが、

他の子と比べるのでなく、

お子さん自身が、

できるようになったことを

楽しみましょう。

そして、

もっと言うなら、

ハーモニーやサロンで、

他のお子さんにも目を向けて、

できることをほめてあげたり、

みんなで拍手をして盛り上げてあげるといいですよね。

1人で子育てはしんどいです。

みんなで子育てを楽しみましょう。

今日は、ランチの食べっぷりを見ていただきましょう。

そして、

今日のナイスショットです。

「僕オリジナル”おしゃぶり”見つけた!!」

元の記事を読む(提供サイト)
8月 27

8月も最終週です。

沖縄に台風が来ているせいか、暑いですね。

さて、

今日の♪ハーモニー♪は、

水遊びでした。

今年最後の水遊びです。

6組の親子が遊びに来てくれました。

「ブルーの桶」

「赤ちゃん用プール」

「長方形のプール」

と、3種類用意しています。

今日は、

参加が少ないということもあり、

1つずつ順番に入ってる子もいました。

入り心地が、何か違うんでしょうね。

今日もランダムに、水遊びの様子(写真)をアップします。

「あのね。水遊び、めっちゃ楽しかったよ☆」

ありがとう。

来年も7月8月は、また水遊びをしますね。

さあ、

まだまだ、暑い日が続きますが、

なんとなく秋の気配を感じませんか?

日本は、

春夏秋冬と、

四季をきちんと感じることができる国です。

今年の夏も暑い日でしたが、

そろそろ秋ですね。

季節の移り変わりを通して、

子どもたちもどんどん成長していきます。

特に、

0歳から1歳。

1歳から2歳。

と、

親としては、

毎日が大変ではありますが、

何年もたつと、

あの時は、

どんなものを食べていたっけ?

どんな洋服を着てたっけ?

どんな遊びを好んでたっけ?

どんな声を発していたんだっけ?

どんなことで泣いていたんだっけ?

と、

忘れてしまっている・・・・・。

そんなもんですよ。

元の記事を読む(提供サイト)
8月 25

今日、8月25日(土)。

午後1時半から、

男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)において、

イベント ワールドカフェ「ママの働くを考えよう」に参加してきました。

40名の参加者があり、

ほとんどが、

小さなお子さんを持つママたちでした。

男性も3名いたのかな。

1人は、スピーカーさんで、

現在、NPOで事務局をして、

働く妻を支えている方でした。

さて、

「ワールドカフェ」って?

というところからだと思いますが、

ワークショップの新しい形です。

5人で1つのグループになり、

自己紹介をしたのち、テーマに基づいて約30分ディスカッションします。

そののち、

1人を残して、

4人は別々のグループに行きます。

残っていた1人が、今までのお話を要約して伝えます。

で、自己紹介をして、テーマに基づいて30分話ます。

今回は、時間の都合上1回だけのチェンジでしたが、

本来は、さらに、次のチェンジをして、テーブルを変わります。

それは、世界を周る(旅する)という感覚で、ワールドカフェというそうです。

最初のテーマは、

「スピーカー4名の話を聴いて心に残ったこと」について話しました。

内容は端折りますが、話を聴いて、

ママが働くためには、

①夫の協力というか理解がいること。

②職場の理解があること。

③友人がいること。

④保育所が整備されること。

の4点が保障されないと大変だね。と、言うことでした。

なるほど。なるほど。

メンバーが変わり、2つ目のテーマは、「ママが働くメリット」についての話し合いです。

結構、皆さん悩み悩み働いているようで、

自分自身の抱える話になってしまいました。

「私は、こうしたいと思ってるけど、なかなかうまくいかない。」

というもやもやを抱えていることもわかりました。

この時のメンバーは、

私(子育てすでに終えつつある)以外は、

1歳から3歳のお子さんを持ちながら働いています。

3人目を妊娠中というママもいました。

「お金のため?」「自分のため?」

結論は出ませんでした。

最後に、自分のまとめとして、

「ママたちの働くことを阻害するものって?」という質問に1人ひとり用紙に記入しました。

私たちのメンバーは、

口をそろえて、

≪男社会!!≫って答えていましたが、

まだまだ、世の中、男の理屈で回っています。

政治をするのも男。

経済を引っ張るのも男。

でも、

女性が、今の男性と同じ働き方を求めてるのかしらん?

スピーカーの男性が、

妻が働き、自分が家事子育てを中心に回しています。

と言っていたけど、

立場が逆転しただけでのような気がする。

つまり、

仕事と子育てのバランスを夫婦(時には1人)でどうするかということ。

趣味も入るのかな。

これをワークライフバランスっていうんだろうね。

うーん。

私は、

結婚と同時に働くことをやめました。

そういう風潮であったし、

自分自身も「子育てに専念するためには、仕事はやめるもの」と思っていたから。

それでも、

子どもが大きくなってくると、

少しずつ動き始めて、

学習したり、

地域活動したりして、

自分の人生を楽しんでいるのには間違いない。

そんな私が、「働く」意味を考えるなんておこがましいのかもしれないけれど、

子どもを育てることも、

家事をすることも、

地域活動することも、

ある意味「はたらく」ことなんじゃないかなと思う。

夫婦は、夫婦で話し合って、

仕事と子育てを分担すればいいし、共有すればいいし、

こうでなければならないという型にはまることはないと思う。

「働く」意味?

私は、

なんだろう・・・歳のせいか「生きる」意味?みたいなもの考えちゃうな。

でも、娘たちのために、「働く」ことをきちんと考えてみようと思う。

最後に、

今の仕事を楽しんでいなくては、

「働い」ていても、つまんないよね。

悩みはあるし、思うようにはいかないけれど、

楽しく働くことって、大事なんじゃないのかな。

と思います。

ただし・・・。

今、働いていないママへ。

「今は子どもと一緒に」という選択をしているのであれば、

そのことを大切にしてもいいんです。

きっと何かしたいという動きや気持ちはあると思うんです。

でも、

今は、子どもと同じ時間を過ごしたいと、それを楽しんでいるんだと思います。

なぜか、選択を迫られると、

働くママと働かないママが対立したり、足の引っ張り合いをしてしまうけど、

女性同士、理解し合いながら、助け合いながら、行きましょう。

自分自身の人生のために!

そして、どちらのママも、

子どものこと愛していて、ちゃんと考えているんだから!

元の記事を読む(提供サイト)
8月 22

8月22日(月)。

今日の♪ハーモニー♪は・・・・・。

水遊び!!でした。

8組の親子が参加。

こんな感じの水遊びでした。

なぜか、2人、タライに入る。

今日は、いろいろありました。

まず、

区役所の民生子ども課の職員さんが2名視察にいらっしゃいました。

水遊びの様子を見てから、

いつもの部屋でお話しました。

どんな相談があるのか、

どんな雰囲気なのか、

代表が、受け答えていました。

すると、

2歳の女の子。

いつもなら、ランチ前に眠ることがないのですが、

今日は、ちょっと眠たい様子。

眠りに落ちていく様子をとらえました。

やらせでないですよ。

一瞬、笑ったんですけどね。睡魔には勝てませんでした。

が、しかし、しかし、

もっと勝てないものがありました。

それは、”食”でした。

さあ、

ランチの時間です。

みんなで食卓を囲み「いただきマース!」

職員さんは、ここでサヨナラです。

ランチが終わり、

自由時間、

お母さんも思い思いにお話したり、

子どもさんも、眠たいけれど遊びたい。

そんな中、

1歳を過ぎた女の子。

タッチはするんだけど、なかなか歩かない。

と、話をしていたところで、

歩くチャンスが訪れました。

みんなで手拍子をしながら、

「あんよ!あんよ!・・・・・」

と、コールを送ります。

女の子は、膝で拍子をとりますが、

なかなか、足が動きません。

手拍子は続きます。

すると、

(わん。つー。すりー。)

6歩、歩きましたぁぁぁぁぁーーーー!

みんなで拍手!!一緒に共有できてうれしいわ。

なので、ブログにアップしました。

そして、

終わりの時間は近づいてきました。

スタッフが、

手遊び歌と大型絵本を読みました。

大型絵本「きんぎょが逃げた」では、

2歳の女の子が、

金魚を探して指をさします。

探すのが早いので、

また、また、拍手が起こります。

今日のお母さんたち、のりがいい!!

子どもさんも、楽しくなって一緒に拍手です。

その様子がこちら・・・。

♪さよならあんころもち♪で、終わりです。

お子さんは、

きっと、帰り道で眠ってしまうんでしょうね。

今日は、

楽しいことがありましたが、

参加者の方と、

一緒に盛り上がった感があり、

スタッフもすごく楽しかったです。

水遊びは、

次回8月27日(月)が、最後になります。

入っても、入らなくっても、かまいません。

遊びに来てくださいね。

待ってます。

最後に、

≪今日のお気に入りの写真≫を1枚。

「はい。もしもし。はい。はい。あの・・・、着替えてもいいですか。」

元の記事を読む(提供サイト)
8月 20

みなさんは、お盆をどう過ごされました?

♪ハーモニー♪のスタッフも、

帰省したり、

お墓参りに行ったり、

旅に出かけたり、

いろいろでした。

そして、

今日は、

10日ぶりの♪ハーモニー♪でした。

6組の親子が遊びに来てくれました。

お母さんとのツーショット。

ほほえましい写真を紹介します。

そして、お友達同士のツーショット。

「わたしはね。このおもちゃがいいと思うの。」「わたしは・・・どれにしようかな?」

「いいか。ここはこうして・・・と。」「すごいね、兄貴!」

カメラを向けると・・・、みんな、とっても素敵なアップでウツルンです。

ラストは躍動感あるショットです!!

さあ、

次回8月22日(水)はまた水遊びです。

まだまだ、夏でっせ。

夏を楽しみましょう!!

元の記事を読む(提供サイト)
8月 16

まだまだ暑い日が続きます。

♪ハーモニー♪も、

お盆の間は夏休みということで、

今週はお休みをさせていただいています。

さて、

ブログでは、

9月のイベントになりますが、

楽しい音楽会の企画をご案内しますので、

スケジュールに加えていただけると幸いです。

♪ハーモニー♪に参加してくださっている方が、

所属さえている「名古屋ファミリーウインドフルール」主催の、

第3回フルールファミリーコンサート」のご案内です。

☆ とき 9月15日(土) 13:00スタート(12:30会場)

☆ 会場 ウィルあいち 4Fホール

☆ 入場 無料

お子さんと一緒に楽しめる音楽会です。

どうぞ、ご家族でいらしてください。

♪ハーモニー♪は、

8月20日(月) ~通常開催しています。

お待ちしています。

元の記事を読む(提供サイト)
8月 16

まだまだ暑い日が続きます。

♪ハーモニー♪も、

お盆の間は夏休みということで、

今週はお休みをさせていただいています。

さて、

ブログでは、

9月のイベントになりますが、

楽しい音楽会の企画をご案内しますので、

スケジュールに加えていただけると幸いです。

♪ハーモニー♪に参加してくださっている方が、

所属さえている「名古屋ファミリーウインドフルール」主催の、

第3回フルールファミリーコンサート」のご案内です。

☆ とき 9月15日(土) 13:00スタート(12:30会場)

☆ 会場 ウィルあいち 4Fホール

☆ 入場 無料

お子さんと一緒に楽しめる音楽会です。

どうぞ、ご家族でいらしてください。

♪ハーモニー♪は、

8月20日(月) ~通常開催しています。

お待ちしています。

元の記事を読む(提供サイト)
8月 11

昨日、

8月10日(金)、

名古屋シネマテーク(千種区今池 今池スタービル2F)へ

映画「隣る人」を観に行ってきました。

『とある地方の小規模な児童養護施設「光の子どもの家」を8年にわたって取材したドキュメンタリー映画』です。

ラストシーンでは、

涙がこぼれてきました。

一人の少女が、

もう一度子どもと暮らしたいと、

もがく母親との葛藤の結果、

施設に残ることを決意しました。

その少女の誕生日、

施設長は、

「これからも、長生きしないとな。」

と。

母親代わりの保育士は、

「どんなあなたも大好き。ずっと一緒にいようね。」

と。

少女の顔は、満面の笑みが。

そして、

次のシーン。

小鳥のさえずり、

朝の風景。

子どもたちの靴箱。

洗面所。

大根を切る音。

朝食の準備。

エンディングロール。

保育士の声「おはよう。」

その間、BGMは一切ありません。

日常の暮らしの中にある、

子どもにとっての「隣る人」。

パンフレットのコメントの中から、俵万智氏の言葉を転記します。

『「どんなむっちゃんも好き。」保育士のマリコさんの言葉です。そう思ってくれる人が隣にいること。子どもにはそれだけでいい。けれど、「それだけ」が非常に困難になっているのは、今の日本、児童養護施設に限ったことではないように思います。

愛情とは、何か特別なことをしてやったり、まして期待したりすることではない。なんでもない時間を共有し、ひたすら存在を受け止めること。子どもとは、こんなにも愛情を必要としている生き物なんだと、せつなく、たじろぐほどでした。』

そして、

この映画の監督刀川和也氏のインタビューコメントの中で、

『母親と少女が再び暮らすことが「うまくできなかった」というところで終わっていますが、まだ終わったわけではないと思っています。(中略)なぜなら、完全には互いへの想いを断ち切っていないからです。想いを抱き続けることも、「隣る人」の可能性だと思うのです。』

私は、ホッとしました。

この映画は、

この日が最終日でした。

いつか、また、上映されるときには、

たくさんの方に見てほしいと思います。

予告 You Tube 「隣る人」

元の記事を読む(提供サイト)
preload preload preload