1月 30

寒さがしみるようになりましたね。

1月20日大寒。

2月3日の節分が過ぎると、

2月4日は立春です。

まだまだ、

雪が降るとは思いますが、

もうちょっとの辛抱ですね。

♪春よ来い 早く来い♪

そんな気分ですね。

さて、

1月28日(月)の♪ハーモニー♪には、

10組の親子が参加してくれました。

とっても賑やかな♪ハーモニー♪でしたよ。

初めてもお子さん。

久しぶりのお子さん。

2回目のお子さん。

おもちゃの取り合いをしたり、

踊ったり、

笑ったり、

眠ったり、

みんな、一緒に時間を過ごしました。

そして、

1月30日(水)。

今日の♪ハーモニー♪は、

2組の親子さんが参加してくれました。

2歳半の女の子。

1歳過ぎた男の子。

ゆったり、まったり、

おしゃべりを交えながら時が流れていきます。

「はらぺこあおむし」の絵本を、

音楽付きで始めたところ・・・、

男の子が、ちょっとべそをかき始めました。

あれ?

男の人の声が気に入らないのかな?

なんて、だましだまししながら進めます。

でも、終わってからでも、

「うぇーん」って泣くんです。

じっと、

彼の観察をしていると、

ははーん。

わかった!

壁にかざってあった「仮面」をモチーフにした絵画でした。

大家さんが描いたパステル画です。

ちょっと怖かったようです。

さっそく、

タオルで隠してみると、

泣き止みました。

なるほど。

で、

ランチを食べて、

また遊んで、

すっかりご機嫌でした。

2歳半の女の子は、

おしゃべりが上手になって、

男の子に、

「あそぼ♪」と声をかけます。

そして二人並んで遊びます。

母たち大人は、

机でお茶を飲みながらお話をしています。

そうすると、

二人が輪の中に入ります。

お帰りの時間まで、

こうして過ごしていました。

参加者さんが多い時もあります。

少ない時もあります。

1組の時もあります。

0(ゼロ)の時もあります。

今度は、

どんな時に当たるかわかりませんが、

それも楽しみに来てください。

待ってます(^_-)-☆

元の記事を読む(提供サイト)
1月 28

「お出かけ情報」を4件ご案内します。

①「水餃子パーティー♪」
昭和区壇渓通で「中華料理 多喜屋(たきや)」を営む、中国瀋陽ご出身の”センさん”に、おいしい水餃子の作り方を習います。 みんなで和気藹々と餃子を包み、できたて熱熱の水餃子を食べながら、楽しい時間を過ごしませんか?
詳しくは、ママスタート・クラブ「活動地域&講座申込」をご覧ください。 
http://ameblo.jp/momstart/entry-11458121144.html

☆対象者:0歳 / 1歳 / 2歳 / 3歳以上の未就学児 / ママ / パパ / 祖父母 /
☆開催日時:2月23日(土曜日) 10時30分~13時頃
☆会場:わんぱくきっず王国 (保育園) 名古屋市千種区小松町7-24
    ・地下鉄吹上駅3番出口より、徒歩約3分
☆定員:15名(15家族)
☆費用:1000円(1家族)※保険料、材料費など込
☆申込み方法:ママスタート・クラブHP「活動地域&講座申込」よりお申込みください。
 http://www.momstart.org/ 
☆主催者名:ママスタート・クラブ マルチカルチャークラブ
☆連絡先:メールアドレス:mom_kids_chinese@yahoo.co.jp

②『親子の絆づくりプログラム「赤ちゃんがきた!」』(略称BP)
BPは、0歳児を初めて育てている母親のための仲間・きずな・学びのプログラムです。
【講師】BPファシリテーター

☆対象者:2~6か月までの第1子とその母親
※託児はありません。お子さんとご一緒に参加ください。
☆開催日時:2月9日(土)、2月16日(土)、2月23日(土)、3月2日(土)
       各日10:45~12:45
☆会場:名古屋市子ども・子育て支援センター758キッズステーション
        名古屋市中区栄三丁目18番1号
      (ナディアパークビジネスセンタービル(ロフト名古屋)6階)
☆定員:15名
☆申込み方法:定員に空きがあるため電話にて受付中。
☆申込み締切り:2013年02月08日
☆費用:840円【資料代】
☆主催者:名古屋市子ども・子育て支援センター 758キッズステーション 
☆連絡先:電話番号:052-262-2372
     ※10:30~17:30(休館日祝日、年末年始等)
       FAX番号:052-262-2370

③『親子で音を楽しもう!』
お子さんと一緒に、楽器の音色や音楽のリズムを味わいませんか?
音に合わせて自然とからだが動き出す、そんな楽しいひとときを親子で共有しましょう!

☆対象者:0歳 / 1歳 / 2歳 / 3歳以上の未就学児 / 小学生以上 / ママ / パパ /
☆開催日時:3月10日(日曜日) 午前10時30分~正午
☆会場:名古屋市中生涯学習センター
        名古屋市中区橘一丁目7番11号
☆定員:乳幼児~小学生とその保護者40名
☆申込み方法:申込不要・当日先着順
☆参加費:無料
☆主催者:名古屋市中生涯学習センター
☆連絡先:052-321-5511

④「あつまれ!幼児向けにんぎょうげき」
みんなで楽しくにんぎょうげきを見ませんか?
・「にんじん だいこん ごぼう」
・「パンちゃんのさんぽ」ほか

☆対象者:0歳 / 1歳 / 2歳 / 3歳以上の未就学児 / ママ / パパ /
☆開催日時3月7日(木曜日) 午前10時30分~午前11時30分
☆会場:名古屋市中生涯学習センター
       名古屋市中区橘一丁目7番11号
☆定員:先着20組
☆申込み方法:申込不要
☆参加費:無料
☆主催者:名古屋市中生涯学習センター
☆連絡先:052-321-5511

元の記事を読む(提供サイト)
1月 27

NHKは、

4月7日から、

BSプレミアムで、

毎週日曜日の午前8時から、

「おとうさんといっしょ」

放送すると発表しました(^_-)-☆

新聞記事切り抜き参照

子育ては、

母親だけでなく、父親も、

と、当たり前のことなんですが、

国策であったり、

意識であったり、

「子育ては母親がするもの」というメッセージが多すぎること。

やっと、

やっと、

時代に、

流れができてきました。

それでも、

仕事が忙しく、

なかなか子育てできない父親も多くいます。

意識だけでも変わったら、

子どもたちの取り巻く環境も変わります。

こんな本を見つけました。

上野 良樹 (著)「子育てのスキマに読んでほしい話」

『病気、不登校、いじめ、家庭問題…赤ちゃんから高校生までともに悩み、歩んできた小児科医35年の心の内。』

が書かれてあります。

すぐに読めちゃう本です。

元の記事を読む(提供サイト)
1月 23


1月23日(水)。

今日は、4組の親子さが来てくれました。

8か月の男の子。

1歳過ぎた男の子2人。

そして、

1歳半の女の子と3歳の男の子の兄妹。

思い思いに遊びました。

男の子でもままごと遊びは大好きだし、

もちろん車も大好き。

女の子だって、

いろいろなものに興味を持っています。

しばらく遊んで、

絵本を読みました。

今日は、

少し大きなお兄ちゃんもいるので、

「きんぎょがにげた」

そして、

「だるまさんが」

最後に、

かみしばい「のーびたのびた」

を読みました。

みんな、お母さんのお膝に座って、

ニコニコしながら見てくれました。

さあ、

ランチタイム。

おいしくいただきました。

みんなで食べると、食が進む・・・・・はず・・・

という時もありますが、

胸がいっぱい?になって、

家ほど食べないという時もあります。

お子さんの様子を見て、

ご機嫌よく遊んでいたら、

食べなくても大丈夫です。

夕飯もりもり食べてくれたら大丈夫です。

ランチが終わり、

そろそろ眠たくなる時間なんですが、

お友だちもいるし、

みんな、

眠るもんかと、

睡魔と闘いながら遊んでいます。

とうとう、

もう駄目と、

終了時間15分前に「さよなら」した親子さんもいました。

最後まで遊びまくって、

ベビーカーに乗った途端、

眠りモードに入ったお子さんもいました。

がんばれみんな☆

また、来てね☆☆☆

元の記事を読む(提供サイト)
1月 21

1月21日(月)。

雲行きが怪しい感じでしたが、

午前中は大丈夫でした。

今日は、

学区のサロンを開催しました。

約20組の親子さんが参加してくださいました。

お正月明けということもあり、

あちらこちらで、

「久しぶり!」

「元気だった?」

という声が飛び交います。

学区のサロンは、

月1回ですが、

いろいろな出会いの場所もあって、

同じ月齢のお子さんを持つママ同士が知り合いになり、

サロンでも、

交流の場になっています。

とてもうれしくほほえましい光景です。

学区の主任児童委員は、

5か月くらいのお子さんの自宅に、

赤ちゃん訪問をして、

東区のサロンなどの情報をお届けします。

学区ごとに主任児童委員はいますので、

まずは、

自分の担当している学区のサロンにお誘いします。

そうすると、

次のサロンに来てくださる方もいらっしゃいます。

同じ月生まれのお子さんを隣同士にして、

お話しやすい状況にします。

お話していると、

近くに住んでしたり、

中には、

同じマンションだったということもあって、

お近づきになってくださいます。

そういう積み重ねが、

今日の

「元気だった?」

「お久しぶり!」

という会話になってくるんですね。

さて、

いつものように、

布バルーンで遊んだあと、

1月のお誕生日をお祝いしました。

1歳になる女の子と、

2歳になる男の子がいました。

♪ハッピバースデー ツユー  ♪

と歌うと、

自分のことだとわかるんですね。

最後はみんなからお祝いの拍手です。

嬉しそうに聞いてくれています。

「おめでとう!!」

来月は2月生まれのお子さんです。

今日は、

あまりプログラムを考えないで、

おしゃべりの時間を多くとりました。

途中で、

スタッフが、

♪むすんでひらいて♪♪あたま・かた・ひざ・ポン♪

などの手遊びうたと絵本を読んでくれました。

最後に、

恒例の「ぴょーん」で、

みんな一緒に楽しみました。

寒くなります。

風邪やインフルエンザに気をつけて、

来月、会いましょうね。

今日は、写真はありませんでした(^_-)-☆

元の記事を読む(提供サイト)
1月 16

以下、参加者募集中です。電話にてお申し込みください。

名古屋市子育て応援情報から****

江戸時代は、父親が子育てを担っていたんです。
これからの子育ては、そう、父親の出番です。
是非!!参加ください。

≪イクメン力アップ講座≫

子育てに役立つ地域のネットワークにパパも参加してみませんか。
パパの子育てを応援してくれる身近で様々な「つながり」をお伝えします。

☆ 講師:岡崎 有加(NPO法人 子育て支援のNPOまめっこ)

☆ 象者:パパ /

☆ 日にち:1月19日(土曜日) 時間 10:45~12:25

☆ 会場:名古屋市子ども・子育て支援センター
      名古屋市中区栄三丁目18番1号
     758キッズステーション ナディアパークビジネスセンタービル(ロフト名古屋)6階

☆ 定員:15名
   申込み方法:定員に空きがあるため電話にて受付中。

☆ 【費用】なし

☆ 主催者:名古屋市子ども・子育て支援センター 758キッズステーション

☆電話番号:052-262-2372
       電話番号備考:10:30~17:30(休館日祝日、年末年始等)
☆FAX番号:052-262-2370

******************

ちなみに、江戸時代のお話本当ですよ。

[新書] 「江戸の親子―父親が子どもを育てた時代 (中公新書) 」太田 素子 (著)

を読んでみてください。

元の記事を読む(提供サイト)
1月 16


1月16日(水)。

お天気は晴れ。

本日の♪ハーモニー♪は、

参加者3組でした。

初参加の4か月の女の子。

8か月の男の子。

10か月の女の子。

ゆったり・まったりした♪ハーモニー♪でした。

4か月の女の子は、

こういう場は初めてでした。

スタッフが抱っこしていると、

お友だちの動きを目で追い、

しっかりと様子をうかがっていました。

そして、

小さな声で、

「あーー、あーー、」と、お話しては、

ちょっと疲れた時のため息。

このしぐさのかわいいこと。

あかちゃんもため息よくつくんですよね。

そして、絵本も一緒にみました。

真剣に見ています。

8か月の男の子も10か月の女の子も、

真剣に見ています。

さあ、

ランチタイム。

先輩の男の子と女の子は離乳食です。

一生懸命食べました。

今日は、調子がいいのか、

いつもだと、

ここでおっぱいで寝ちゃうんですが、

今日は、

寝ないで遊んでいました。

4か月のあかちゃんは、

おっぱい飲みながら寝ちゃいましたね。

かわいい寝顔をパチリと映しちゃいました。

この時のあちゃんのほっぺのライン。

とてもかわいいです。

さて、

ランチ後も、

思い思いに何かしら遊んでいます。

8か月の男の子は、

ずりばいしながら、

10か月の女の子の近くに寄ってきます。

同じものに興味があるんですね。

あまりにも近すぎるので、

足蹴りにあったり、

ふまれたりしますが、

ゆっくりした動作ですので、

どってことはありません。

こういう絡みをしながら、

相手と自分の距離をつかんでいくんでしょうね。

二人の様子はこんな感じです。

お帰りの前に、

恒例の絵本「ぴょーん」を読みました。

4か月の女の子は見ているだけにしてもらいましたが、

8か月の男の子と10か月の女の子は、

喜んでぴょーんしましたね。

お母さんの運動にもなりますが、

さすが男の子は重いんですよね。

腕が上がらなくなりますよね。

それでもうれしそうな顔です。

お別れの時間です。

3人とも抱っこされて帰りました。

寒いもんね。

きっと、

帰る途中でおねんねしたんだろうな。

今日は、たくさん寝てくれるといいね。

また、遊びに来てくださいね。

待っています。

元の記事を読む(提供サイト)
1月 14

先日、

ブログで、

汐見稔幸氏の講演会への報告をさせていただきました。

メモしたものをまとめましたが、

あまりにも上手すぎる字で、読めません・・・(;O;)

自分で書いてんですけどね。

何とかまとめ終えましたが、

自分のフィルターが入っちゃってるかな・・・。

そこで、

インターネットで調べていたら、

こんなHPを見つけました。

汐見稔幸氏「子育てに大切ないくつかのヒント」前編・後編です。

「福島親学チャンネル ほっとハグ」のHPで、

他にも、尾木ママや養老猛氏の録画もありました。

録画してありますので、汐見先生のお話が直接聞けます。

お時間ありましたら観てください。

とても参考になります。

汐見稔幸氏「子育てに大切ないくつかのヒント」前編 
汐見稔幸氏「子育てに大切ないくつかのヒント」後編

元の記事を読む(提供サイト)
1月 09


1月9日(水)。

今日の♪ハーモニー♪には、

8組の親子さんが来てくれました。

今日も賑やかでしたよ。

ランチの時間も楽しく、

みんなで食べると本当においしんだろうね。

写真を観てると、

そんな雰囲気が感じられますよ。

写真も撮るタイミングで、

カメラ目線のお子さんがいるのがおもしろい。

元の記事を読む(提供サイト)
1月 09

1月9日(水)。

午後から、

女性会館で、

名古屋市主催の講演会「現代の子育て事情~地域で支える~」に参加してきました。

講師は汐見稔幸さん。

前々から、

機会があったらお話を聞きたいと思っていた方です。

メモって、メモって、メモしまくりでした。

家に戻ってまとめようとしたら、

字が読めないなんて・・・。

でも、

ゆっくり思い出しながらまとめてみます。

印象に残ったお話を少しだけ。

少し前には、子どもに”さんま”が無くなったといいました。

”さんま”とは、3つの間・・・つまり「時間、空間、仲間」が無くなったというのです。

汐見さんは、

現代のこどもには、「放牧、仕事、団らん」が無くなったといわれました。

放牧とは、外へ出て遊ぶということ。

子どもたちを見守る地域がいたと。

子どもは、遊びを通じて社会性や創造力を育ててきました。

仕事とは、家の手伝いですが、

仕事をすることで生きる力や生活する知恵を育ててきました。

最後の団らんは、安心して自分がいられるという安らぎの場です。

その3つが無くなってきた子どもたちは、

自尊感情が低く、コミュニケーションが取れず、社会性も乏しくなってしまい、

今日の社会問題につながっているのではないかと指摘されました。

もう1つ。

人間は、一番獰猛な動物で、

人間は、同じ仲間を殺す唯一の動物ですと言われました。

つまり、

人間は、「攻撃する本能」があるというのです。

しかし、同時に、「共感する本能」を持ち合わせているので、

この人の痛みや悲しみに「共感する本能」で、

「攻撃する本能」にブレーキを掛けることが、しつけなのですと言われました。

小さい時に、オモチャの取り合いや些細なことで、相手をたたくという行為は、

「攻撃する本能」があるからで、

それを、

「叩くと痛いよね」「悲しいはつらいよね」という共感する心を

何度も何度も伝えていけば、

「攻撃」することにブレーキがかかり、

「共感」する心が育って行くのだそうです。

なるほど。

だから、

小さいお子さんで、かんだり、叩いたりするときは、それは本能であって、

もちろん、理由は聞いてあげたうえで、

何度も何度も、

「痛いよね」「やめようね」と言っていくことが大事なのかもしれません。

そうすれば、「共感する心」が大きくなり、

大人になったときに、

人のために仕事ができる人になれるかもしれません。

もっと、もっと、たくさんのお話がありました。

1時間半でしたが、

内容の濃い、とても大事なことを伝えていただきました。

最後に、

こんなことも言ってらっしゃいました。

子どもを育てていくことは、

何でもかんでも初めての体験ですから、

うまくいくはずはありません。

うまくいかなくて当たり前なんです。

そこから学んで、

対処法を見つけて、

子どもと一緒に育ちあいましょう。

と。

5年後、10年後、20年後には、

ちゃんと子育てできているはずです。

自分の子どもだけでなく、

よその子どもさんのことも考えて育ちあっていくほうが、

絶対に、うまく育ちますよ。

本当に(^_-)-☆

元の記事を読む(提供サイト)
preload preload preload