7月 30

台風12号は通過しましたが、

未だ九州に上陸中です。

少しは、涼しくなってきたかなと思いきや、

まだまだ、ボーとする日が続きますね。

今日の♪ハーモニー♪は、

1組の親子さんが来てくれました。

8か月の男の子。

後姿はうしさんです。

1

お座りがとても上手です。

手にするものを、

口に入れるのもこの月齢だから。

それにしても、

手先も器用になって、

口元が「にやっ」ってな感じ。

7

なにか発見したのでしょうか?

赤ちゃんの育ちで大事なのは、

五感…5つの感覚です。

視覚,聴覚,味覚,嗅覚,触覚。

視覚は、よく見ています。

見て、いろいろな状態や様子、ものの形を、

覚えていくんですね。

聴覚は、音に反応します。

手で握って振ると音が鳴るということを

確かめています。

見て形を覚え、

声で、そのものの名前を聴いて、

形と名前をおぼえていきます。

そして、

この月齢は、

おもちゃでもなんでも、

いったん口に入れますね。

歯固め式な要素もあるらしいですが、

味も感じています。

もちろん味覚は食べることで、

甘い、酸っぱい、辛い、苦い、おいしい、まずい?

そして、

りんごの味、

西瓜の味、

魚の味、

米の味、

を覚えていきます。

最後に、触覚。

手にふれるということで脳に刺激が行きます。

土に触れ、

草をつかみ、

風を触ってみる。

水の冷たさ。

などなど、

そうして、

自分の脳にインプットしていきます。

大事な大事な5感です。

3歳までに、

脳はいっぱい発達します。

成長中で、

一番発達する時期です。

「勉強を覚えるために」ではなく、

身の回り、特に自然のものにふれさせて、

感性を養ってください。

その方が、

人の育ちとして重要なことだと思います。

元の記事を読む(提供サイト)

Comments are closed.

preload preload preload