9月 17

9月の学区サロンでした。

8月がお休みだったので、

2か月ぶりです。

2か月たつよ、

お子さんが一回り大きくなった感じがします。

今月は25組の親子さんが来てくれました。

1

今日のメインは、

手作りおもちゃ「ぽっとんホース」

瑞穂区で活動している「ぞうさんパオパオ」の

小関さんに来ていただき、

つくり方を教えていただきました。

ただ、

カッターを使うので、

ほぼ、

こちらで作業して、

今日は、

ホースを切ってもらうだけに。

皆さん、

とても喜んでお土産にして帰っていきました。

そして、

手遊び、

紙芝居、

大型絵本まで呼んでいただきました。

3

お誕生月も、

8月生まれのお子さんは、4人、

9月生まれのお子さんが、3人。

一番多いお祝いでしたよ。

元の記事を読む(提供サイト)
7月 16

7月の学区のサロンは、

雨の合間に行われました。

18組の親子さんが参加。

2

実は、

韓国は釜山から視察もありました。

そして、

東保健センター保健師さんをお招きし、

熱中症のお話を聞かせてもらいました。

3

今年は、

どうも、冷夏のようです。

そうはいっても、

夏は夏!!

水分は必ず摂取して、

体力温存しましょうね。

元の記事を読む(提供サイト)
6月 17

梅雨の間の晴れ間になりました。

6月17日は、

学区サロンでした。

22組の親子さんが来てくれましたよ。

1

今月は、

保健センターから、

栄養士さんに来ていただき、

まず最初に、

「液体ミルク」のご紹介でした。

2

そして、

食品の表示の見方や、

お子さんの命に直結する食べ物は、

しっかり表示を確認して購入してくださいということでした。

また、

おやつの目安や量についても、

教えてくださいました。

その後、

個別の相談をしてくださいました。

そして、

6月27日の「ニコニコ子育て広場」のご案内をしました。

1

元の記事を読む(提供サイト)
5月 20

朝から雨?と、思っていたら、

何とか午前中はいけそう!!

そう、

今日は、

学区のサロン。

19組の親子さんが参加してくれました。

いつものようにアイスブレーキングからの出席。

お誕生月をお祝いして。。。

今月5月は、

「子どもの虐待防止月間」ということで、

民生子ども課の職員さんからのご案内がありました。

3

そのあと、

東保育園エリア支援の先生による、

パフォーマンス。

はらぺこあおむしが、

とってもきれいなちょうちょに変身!!!

1

みんな一生懸命見ていました。

歌ったり、

踊ったり、

楽しい時間を過ごしました!!

4

ありがとうね。

元の記事を読む(提供サイト)
4月 15

今日は、良い天気になりましたが、

風が冷たーい、

日でしたね。

さて、

学区サロンは、

17組の親子さんが来てくれました。

新学期ということで、

4月から保育園に、幼稚園にと、

居場所が変化してきました。

学区サロンも、

そんな新たな気持ちで、

始めます。

と言っても、

毎年のルーティーンでございます。

4月は、

お決まりの兜づくり。

大きな包装紙を使って兜をおります。

何人かのお母さんが、

折ったことがありますと答えてくださいましたが、

結構・・・おり方を忘れた方もいまして。

何やら、四苦八苦。

2

出来上がりがこちらの写真。

9

学区サロンは、

月1回のサロンで、

10時半から11時45分という、

約1時間ほどの短い時間での交流ですから、

何を大事にいていくかを、

考えて実施しています。

1つ目は、集まってきた親子さんの出会い。

2つ目は、地域の私たちとの出会い。

そこには、

小学生の交流会も含まれています。

おばあちゃん、おじいちゃんとの交流も含まれています。

地域に暮らす、いろいろな立場の人ですね。

そのほかにも、

例えば、地域で活動しているボラグループ、

例えば、等身大で活動している先輩、

3つ目は、行政の担当者、

例えば、保健センターの保育士、

例えば、民生子ども課の職員、

例えば、保育園エリア支援の先生、

4つ目は、

子育ては、暮らしの営みの中で自然とあるものを伝えること

5つ目は、

防災やお誕生月のお祝いで、

命を守るということ

あなたが大事だということを

伝えるようにしています。

で、最後に、

たまには、

私たちの楽しいパフォーマンスの紹介をします。

4

そんなこと考えながら、

年間11回のプログラムを考えています。

次は5月ですね。

保育園のエリア支援の先生が来てくれます。

元の記事を読む(提供サイト)
3月 18

3月18日月曜日。

毎月第3月曜日は学区サロンの日です。

(祝日は翌日になります)

そして、

小学校2年生のお友達が来てくれました。

1月に1組が。

そして、今月は2組のお友達25名(本当は26名ですがお休みが1名)

が、来てくれました。

親子さんも26組。

とても楽しい交流ができました。

1

元の記事を読む(提供サイト)
2月 18

2月のサロンです。

先月に続き2年生の交流の予定でしたが、

来月3月になりまして、

今月は、急遽、

プチ防災講座を行いました。

と言っても、

短い時間の中で、

お子さんと一緒なので、

防災食の試食をしてもらって、

南海トラフについて考えてもらう機会をつくりました。

この10年の間に南海トラフが起こる確率は80パーセント。

降水確率ならすでに傘をさして出かけるところ。

なら、

地震の備えは絶対ですね。

ってことです。

ならば、

何をどう備えるか???

今日は、

急遽だったので、

まずは、

防災食の試食から。

α化米の混ぜご飯の紹介。

乾パンのパンの紹介。

ジッパーの中に材料を入れてもむだけで創れるサラダ。

1

4

出来上がったものをビニールで覆った紙皿に乗せる。

この知恵も、

水不足の中、

洗い物ができないため、

ビニール袋を使って皿をつくるアイデアを伝えました。

2

アレルギーの心配もあるし、

今日は、お子さんは食べられないので、

おなかすいちゃった子は、

悲しくなっちゃったね。

で、

大型絵本を読んで、

ご機嫌OK。

3

あー良かった。

3月は、

2年生のお兄ちゃんお姉ちゃん来てくれるかな?

そうそう、

今日は、

27組の親子さんが来てくれました。

1組はご夫婦で。

2人はお兄ちゃんとお姉ちゃん。

ありがとうね。

元の記事を読む(提供サイト)
1月 21

インフルエンザが流行っています。

今日の学区サロンは、

学区小学校の2年生1組のお友達が、

家庭科の時間を使って、

交流しに来てくれました。

1

親子さんが20組。

お子さんが23人。

まずは、

ご対面。

10

そして、♪小さな畑♪を歌ってくれました。

♪小さな畑を耕して、

小さな種をまきました。

ぐんぐん育って春がきて、

小さな花が咲きました。

ぽっ♪

みんなで、

遊び歌を歌って、

大型絵本をみて、

0から2歳児さんと、

7,8歳のお子さんの交流を、

目を細めてみまもってくださった

おかあさんとおとうさん、

ありがとうございました。

来月は、

2組サンがきてくださいます。

よろしく!!

元の記事を読む(提供サイト)
11月 19

少し寒くなってきましたね。

イチョウ並木も色鮮やかです。

さて、

今日は、

学区のサロン。

22組お親子さんが来てくれました。

4組は兄弟姉妹で。

1組はおばあちゃまも一緒に。

そして、

1組はご夫婦で。

そして、

11月は、

虐待防止月間ということで、

東区役所民生子ども課から

キャンペーンの案内を。

1

そして、

保健センターの保健師さんと栄養士さんも来てくれました。

保健師さんのお話は、

インフルエンザについて。

yousu

栄養士さんは、

「なごやめし」のお話を。

2

保健師の卵である学生も3人、

インターンで来てくれ、

お子さんの体重を量ってくれました。

3

そのあと、

2か月のお子さんを抱っこして、

とっても幸せなお顔をしていましたよ。

5

元の記事を読む(提供サイト)
10月 15

今朝から小雨が降って、

少し肌寒い日となりました。

今日は、

学区のサロンでした。

17組の親子さんが来てくれましたよ。

今日は、

本来の抱っこの仕方を考えるべく、

講師に水野和子さんをお招きし、

みなさんが抱っこしている様子を見させていただきました。

そして、

お母さんにとっても、

赤ちゃんにとっても、

居心地のいい抱っこに直しました。

まずは、

講師水野さんが、

2枚の写真を見せます。

サッカー選手の長友さんが、

抱っこしている様子の写真。

写真を見ると、

ほのぼのとしていますが、

赤ちゃんを下の方で抱いていることがわかり、

赤ちゃんの股が開きすぎていました。

もう1枚は、雑誌クーヨンの男性のおんぶの写真。

これも、

赤ちゃんのお顔が下の方にあります。

もう、

これは、

赤やんの学習権を奪っています。

と、解説されました。

4

毎日の何気ない作業ではありますが、

赤ちゃんはものではないので、

長時間抱っこの体制やおんぶの体制は、

しんどいことでしょう。

そして、

赤ちゃんの居心地の良さや

成長を考えると、

抱っこもおんぶも、

とても重要だということをお知らせします。

そして、

抱っこひもでの抱っこをしてもらい、

お子さんのお尻の下が、

お母さんのおへそのあたりに来ていますか?

と尋ねました。

5

すると、

ほとんどの人が、

お尻の方が下になっていることがわかりました。

抱っこひもの腰ひもを腰で回しているからです。

赤ちゃんを一度おろして、

もう一度、

ウエストのあたりで、

きゅっと締めてもらい、

赤ちゃんを抱っこしてもらいました。

すると、

お母さんの姿勢がよくなります。

6

あら?

こちらの方が楽だわ。

という声も聞こえます。

今度は、

後ろのバックルが、

肩甲骨のところに来るように調整します。

8

すると、

ますます、

お母さんお姿勢が変わり、

お子さんと身体が、

良い位置で密着し、

しばらくすると、

お子さんが眠っていくのです。

いつもだと、

ゆすったり、

歩いたりしないといけないのに。。。

そんな声を聴くことができました。

希望のお母さんの抱っこをチェックして、

アドバイスをしていただきました。

少しお母さんたちも興奮気味です。

こういうことは、

販売しているお店ですら説明しませんし、

取扱説明書にも書いていません。

祖父母世代から親世代へ、

と、

伝えていく大切なことなのに。。。

抱っこもおんぶも、

親子で協力して一緒にするもの。

そして、

お子さんの体幹を養うために、

どう扱うかという視点が抜けています。

で、

少し時間が余りましたので、

さらしを使ったおんぶの仕方も、

2歳のお子さんをモデルにやってみました。

9

11

とても簡単ですし、

前で縛るリボンもかわいいです。

モデルさんも思わずピース!!

そうすると、

3歳と1歳のお子さんを持つお母さんも、

いざという時に、

2人を負ぶって抱っこしてという体制を考えて、

アドバイスをもらっていました。

でも、

2人は何とかなっても、

にもつが持てない・・・。

じゃあ、どうするか、

隣近所の人と仲良くなりましょう。

ということなんですね。

お友だちを創ることも大事ですし、

困ったときには助けてくださいねと、

地域の人に伝えるのも大事ですね。

今日は、

とてもためになるお話がいっぱい聴くことができたサロンでした。

元の記事を読む(提供サイト)
preload preload preload